現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > カクカク・デザインで出だし順調 キアEV9 GTラインへ試乗 乗り心地以外は好印象

ここから本文です
カクカク・デザインで出だし順調 キアEV9 GTラインへ試乗 乗り心地以外は好印象
写真を全て見る(3枚)

キアのランドローバー・ディスカバリー

日本へ上陸はしていないが、キア・スティンガーが登場した時、AUTOCARでは同社のBMW 3シリーズだと表現した。販売数ではご本家へ遥かに届かなかったものの、欧州では小さくない話題を集め、クルマ作りに対する意気込みを感じさせてくれた。

【画像】カクカク・デザインで出だし順調 キアEV9 GTライン サイズ的に近い電動SUVは? 全120枚

EV9に対しては、以前にキアのランドローバー・ディスカバリーだと表現している。こちらも既に大きな話題を集めており、多くの大型SUVユーザーが乗り換えを検討し始めているという。出だしは順調なようだ。

英国市場の場合、EV9の納車は2024年1月からスタートする。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
レスポンス
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
くるまのニュース
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
日刊自動車新聞
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
レスポンス
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
くるまのニュース
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクのニュース
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
VAGUE
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

4件
  • xtr********
    ペーター・シュライヤーがいるから
    こういうデザインになれてるけど、
    世界では白人以外は日本しかまともな
    クルマ作れないからな。
    完全にサジを投げてる
    中国、韓国。
    日本やってるんだが、筆頭のトヨタはパクリ専門だからな。
  • umi********
    なんかキアってトラブルばかりな印象がある
    まぁ日本じゃヒュンダイ以上に売れないだろうから来る事はないだろうけどさ
    あと日本車そっくりなパクリ車ばかり出してるね、韓国内専売だとは思うけど
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1740.03258.0万円

中古車を検索
GTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1740.03258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村