現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ベッツェッキ、転倒リタイア原因のマルク・マルケスを批判「彼は最も汚いライダー。マルケスだから罰されないんだ」

ここから本文です

【MotoGP】ベッツェッキ、転倒リタイア原因のマルク・マルケスを批判「彼は最も汚いライダー。マルケスだから罰されないんだ」

掲載 11
【MotoGP】ベッツェッキ、転倒リタイア原因のマルク・マルケスを批判「彼は最も汚いライダー。マルケスだから罰されないんだ」

 MotoGP第20戦バレンシアGPを転倒リタイアで終えたマルコ・ベッツェッキ(VR46)は、原因となったマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)との接触を受けて「最も汚いライダー」だと厳しく批判している。

 ベッツェッキとマルケスはオープニングラップのターン3で、イン側からマルケスが前を狙った際に接触。ベッツェッキはこの接触が原因でクラッシュした。

■ホンダ、マルク・マルケス後任としてルカ・マリーニの起用を発表。2025年までの2年契約

 この件は調査対象とはなったものの、お咎め無しの判断が下された。ただベッツェッキは納得がいっておらず、マルケスが“汚い”動きをしたと語り、レースディレクションもマルケスに対しては非常に甘いと批判を展開した。

「ああ、決勝レースは残念だけどとても短いモノになってしまった」と、ベッツェッキは言う。

「マルケスは3コーナーで僕のレースを終わらせたんだ。彼はタイGPでも同じことをターン5とターン6でしていた」

「そして今回問題だったのは、彼は前よりも少し強く当たってきて、簡単に転倒させてきたことだよ。そのせいで左足と肩も痛めてしまったんだ」

「もう、何も言うことはない。彼のライディングスタイルについては、何の説明もいらないだろう」

「とても“良かった”のは、リプレイ映像を見せなかったことだろうね。とても、とてもダーティだった。TV中継から見てもよく分かると思うんだけど、マルケスだから何も言わないんだ」

「調査はされたけど、いつものように何もなかった。彼らにとってはレーシングインシデントなんだ。いつものようにね」

「問題はマルケスだ。昨日(スプリント)もホルヘ(マルティン/プラマック)とやりあっていて、そっちは幸運にも何もクレイジーなことにはならなかった。でも今日の僕に起きたことや、さっきも言ったタイでのこと、そしてル・マンでのペッコ(フランチェスコ・バニャイヤ/ドゥカティ)のこともある」

「ほとんどの場合、他のライダーをクラッシュさせていなければOKだ。でも少なくとも、誰かをクラッシュさせているなら、ペナルティはあるべきだ」

「そうしないと皆同じようにし始めて、相手をクラッシュさせてしまう。ブラッド(ビンダー)はインドネシアで同じようにしていたけど、ロングラップペナルティを受けていた」

「そうあるべきだろう。今回のレースは27周あったけど、3コーナー目で転倒させたなら、それはペナルティに値すると思う」

 マルケスは本当に他のライダーよりも軽いペナルティが与えられている感じているのかという問に、ベッツェッキはこう答えている。

「ああ、それは確かだ。彼らはマルケスに対して決して何もしない。それはマルケスだからで、彼は最も汚いライダーだよ」

 なおベッツェッキはスチュワードと話をしようとしたものの、スチュワード側は興味を持っていなかったと付け加えている。

「スチュワードのところへ行こうとしたし、彼らと話そうとしたよ。でも彼らは僕と話したくないようだった」

「(ドルナCEOの)カルロス・エスペレータとも話そうとしたけど、彼も話したがっていなかった」

「それでマルクと話そうと彼のところへ向かった。彼には(接触の)理由を尋ねたんだけど、見えていなかったと言っていた。見えなかったなんてことはないだろと言ったよ。タイでも全く同じことをしていたんだ」

 一方でマルケスは責任の多くはベッツェッキ側にあったと主張している。

「この件について時間を使うつもりはない。彼には今シーズン何度も押し出されてきたからね」

「普通のことだったよ。僕はイン側にいて、彼はターン4で抜き返すためにアウトサイドのラインを維持しようとしていた。でもアウトサイドにいて、イン側のライダーがスピードをキープしていたら負けることになる」

「それがターン2からターン3にかけて僕らがやっていたことだ。僕たちは並行して走っていて、(ベッツェッキが)ターン4で戻ろうとアウト側のラインを維持しようとしていた。でもそれ以上のことはなかった。この件についてはこれ以上時間を浪費するつもりはない」

こんな記事も読まれています

マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
ベストカーWeb
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
Auto Messe Web
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
ベストカーWeb
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
AUTOSPORT web
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
AUTOSPORT web
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
ベストカーWeb
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
Auto Messe Web
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
AUTOSPORT web
ダ・コスタが大集団のレース制す。日産ローランドは4戦連続表彰台でポイントリーダー浮上|フォーミュラEミサノE-Prix
ダ・コスタが大集団のレース制す。日産ローランドは4戦連続表彰台でポイントリーダー浮上|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
AUTOCAR JAPAN
鈴鹿での角田のパフォーマンスは「フェルスタッペンやアロンソのようなレベルだった」とマルコが高く評価/F1日本GP
鈴鹿での角田のパフォーマンスは「フェルスタッペンやアロンソのようなレベルだった」とマルコが高く評価/F1日本GP
AUTOSPORT web
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
AUTOCAR JAPAN
メルセデスAMG、ル・マン/LMGT3参入に向け交渉を続ける。ELMSを糸口にする可能性も
メルセデスAMG、ル・マン/LMGT3参入に向け交渉を続ける。ELMSを糸口にする可能性も
AUTOSPORT web
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
くるまのニュース
2024年最初の勝者は? スーパーGT第1戦岡山のGT500ウイナー&PPを編集担当スタッフがガチ予想
2024年最初の勝者は? スーパーGT第1戦岡山のGT500ウイナー&PPを編集担当スタッフがガチ予想
AUTOSPORT web
『トールマン』創設者のテッド・トールマンが86歳で死去。セナやヨハンソンらのキャリアを育む
『トールマン』創設者のテッド・トールマンが86歳で死去。セナやヨハンソンらのキャリアを育む
AUTOSPORT web
ダイヤモンドがセットされた「コンチネンタルGTC」! ベントレーと英国宝飾ブランド「ブードルズ」の気品あふれる限定コラボの値段が気になる…
ダイヤモンドがセットされた「コンチネンタルGTC」! ベントレーと英国宝飾ブランド「ブードルズ」の気品あふれる限定コラボの値段が気になる…
Auto Messe Web
「脅威すぎる」ブリヂストン勢が躍動したGT300の予選。タイム合算方式ではその強みが増す?
「脅威すぎる」ブリヂストン勢が躍動したGT300の予選。タイム合算方式ではその強みが増す?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

11件
  • koi********
    ベッツェッキがクリーン過ぎる事もあるが、現役では一番ダーティーなライダーがマルケスだと思う。
  • 米丸
    まっ、貴方達の師匠のロッシもけっこうな事をやってもお咎め無しでした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村