サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペンのグリッド降格ペナルティに異論も、イギリスGPでの一件とは「比較できない」とレースディレクター

ここから本文です

 F1第14イタリアGPでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が接触して共にリタイアに終わった。彼らは第10戦イギリスGPでも接触しており、その際はフェルスタッペンがバリアに弾き飛ばされリタイアに追い込まれた。

 この2件のインシデントに関しては、前者がフェルスタッペン、後者がハミルトンに非があると判断され、それぞれペナルティを科された。しかしそのペナルティの内容は異なっている。

■ハミルトン、自身の安否を気にせず立ち去ったフェルスタッペンには「驚いた」

 イギリスGPの接触でハミルトンに出されたペナルティは10秒のタイムペナルティ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン