現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > たしか最後のマークIIの兄弟よね? 不思議顔のヴェロッサって中途半端じゃない??

ここから本文です

たしか最後のマークIIの兄弟よね? 不思議顔のヴェロッサって中途半端じゃない??

掲載 27
たしか最後のマークIIの兄弟よね? 不思議顔のヴェロッサって中途半端じゃない??

 皆さんはヴェロッサを覚えているだろうか。マークIIの兄弟車として後釜を引き継いだ由緒あるクルマなのだが、何故か知名度が低い気がする。しかしこのクルマには、当時のトヨタ開発陣が新時代のセダンの命運託したと言っても過言じゃない程、「仕上がっていた」クルマだった。

文:小鮒康一/写真:トヨタ

たしか最後のマークIIの兄弟よね? 不思議顔のヴェロッサって中途半端じゃない??

■「エモーショナル セダン」を開発テーマとしたヴェロッサ

2000年10月に登場したマークIIに遅れることおよそ9カ月後に登場したヴェロッサは、実質的にはチェイサーとクレスタの後継車種であった

 今ではすっかり不人気ジャンルのひとつになってしまった感のあるセダンだが、90年代中盤ごろまではカローラが不動の販売台数ランキングトップで、ミドルクラスセダンのマークIIがそこに続くという状態が続いていた。

 そんなマークIIも時代の流れには逆らえず、9代目モデルを最後にイメージを刷新しようとしたマークXにバトンタッチをすることになるのだが、そんな9代目マークIIは長らく続いたマークII、チェイサー、クレスタの3兄弟体制をやめ、あらたに「ヴェロッサ」という兄弟車を置くことになった。

 2000年10月に登場したマークIIに遅れることおよそ9カ月後に登場したヴェロッサは、実質的にはチェイサーとクレスタの後継車種であった。

 チェイサーのスポーティさとクレスタの高級パーソナルセダンというキャラクターを併せ持つモデルとし、「エモーショナル セダン」を開発テーマに誕生した。

■マークIIよりもよりスポ―ティな仕上がり

 プラットフォームはマークIIと共通であったため、搭載されるエンジンは直列6気筒の2L、2.5L、2.5Lターボで、前後ダブルウィッシュボーン式のサスペンションなど、基本メカニズムは同一だったが、足回りはマークIIよりも固められたスポーティなものが与えられていた。

 そしてデザインにおいては非常にエモーショナルなイタリアンデザインを採用し、メーカー曰く「塊から削り出した彫刻のように堀の深い面とやわらかな曲線による情感溢れるデザイン」となっていた。

 さらにインパネもマークIIとは異なるデザインで、楕円をモチーフとした4つの立体的レジスターとスモークメッキリングにより個性を強調。

 そして室内照明色を赤色で統一し、情感とスポーティ感を強く演出していたのも特徴だった。



記事リンク















前の記事





わずか2年半で消えた珍車の中の名車…200万円で買えるってすげえ!! 「真実の赤」ヴェロッサの魅力















次の記事





こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】 なんちゃってイタリアンセダン「ヴェロッサ」はなぜこの世に出てしまったのか?















■不思議顔は本場イタリアを意識?

ヴェロッサは終売まで2.4万台ほどしか売れなかった

 車名のヴェロッサはイタリア語の「Vero(真実)」と「Rosso(赤)」を組み合わせた造語であり、特別仕様車の「セレチオーネ」(選択を意味するイタリア語)や、モデリスタが手掛けたチューンドモデル「スペチアーレ」(特別を意味するイタリア語)などイタリアを強く意識した同車。

 今見れば唯一無二の個性を持ったモデルとも言えるが、どちらかというと当時のトヨタのセダンを選ぶ人は保守的なユーザーが少なくなかったこともあり、2004年春にマークIIより先に終売。

 結局9代目マークIIが18万台超の販売台数をマークしたのに対し、ヴェロッサは2.4万台ほどと残念ながら新たな需要を掘り起こすことは叶わずに姿を消すことなってしまったのだった。

【画像ギャラリー】今見るとアリじゃない!? 兄弟のマークIIと全然違う超個性派顔がイイ!! ヴェロッサの全貌がコレ(16枚)

投稿 たしか最後のマークIIの兄弟よね? 不思議顔のヴェロッサって中途半端じゃない?? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

カル・クラッチロー、ワイルドカード参戦予定だったMotoGPイギリスGPを手の怪我で欠場
カル・クラッチロー、ワイルドカード参戦予定だったMotoGPイギリスGPを手の怪我で欠場
motorsport.com 日本版
走りを変える、ブリッツの「スマスロ」「スロコン」に『レクサスLM』『GRヤリス』『ランクル250』『マツダ2』など追加
走りを変える、ブリッツの「スマスロ」「スロコン」に『レクサスLM』『GRヤリス』『ランクル250』『マツダ2』など追加
レスポンス
日産『GT-R』最後の北米限定車「T-spec 匠エディション」&「スカイライン・エディション」がエモすぎる[詳細画像]
日産『GT-R』最後の北米限定車「T-spec 匠エディション」&「スカイライン・エディション」がエモすぎる[詳細画像]
レスポンス
ダイハツ「新・軽バン」初公開! 「大人2人寝れる」車中泊仕様!? オシャ内装採用の「バンテック・ルネッタ」発表へ
ダイハツ「新・軽バン」初公開! 「大人2人寝れる」車中泊仕様!? オシャ内装採用の「バンテック・ルネッタ」発表へ
くるまのニュース
ドゥカティの最新型マシン削減方針、VR46は不満「プラマックのように2台最新型が欲しかった」
ドゥカティの最新型マシン削減方針、VR46は不満「プラマックのように2台最新型が欲しかった」
motorsport.com 日本版
「実効空力」と「しなるホイール」って……こんなに違うの!? ホンダアクセスのパーツを装着したヴェセルの走りが衝撃だった
「実効空力」と「しなるホイール」って……こんなに違うの!? ホンダアクセスのパーツを装着したヴェセルの走りが衝撃だった
WEB CARTOP
21ポジションアップの大逆転。ウィル・パワーが今季2勝目、ペンスキー勢がダブルヘッダー完勝/インディカー
21ポジションアップの大逆転。ウィル・パワーが今季2勝目、ペンスキー勢がダブルヘッダー完勝/インディカー
AUTOSPORT web
アルピナ製BMW5シリーズ全7世代をテスト!5シリーズはアルピナブランドの心臓であり魂だ
アルピナ製BMW5シリーズ全7世代をテスト!5シリーズはアルピナブランドの心臓であり魂だ
AutoBild Japan
MTで操れるトヨタのコンパクトスポーツカー「GR86」が進化! “グリーンのボディ×ブラウンの内装”がおしゃれな限定車も注目です
MTで操れるトヨタのコンパクトスポーツカー「GR86」が進化! “グリーンのボディ×ブラウンの内装”がおしゃれな限定車も注目です
VAGUE
面倒な客には「無理して売らない」が令和スタイル! お客も知っておくべきいまどきの新車販売現場
面倒な客には「無理して売らない」が令和スタイル! お客も知っておくべきいまどきの新車販売現場
WEB CARTOP
宮城の老舗ショップ「コズミック」製作のカスタムハーレーを紐解く
宮城の老舗ショップ「コズミック」製作のカスタムハーレーを紐解く
バイクのニュース
[15秒でニュース]アジアラリー王者奪還へ、三菱『トライトン』の準備は万端
[15秒でニュース]アジアラリー王者奪還へ、三菱『トライトン』の準備は万端
レスポンス
シボレー カマロ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
シボレー カマロ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【最新モデル評価】最新シビック・タイプRはFF世界最速の称号を獲得。「赤バッジ」は速いホンダの象徴である!
【最新モデル評価】最新シビック・タイプRはFF世界最速の称号を獲得。「赤バッジ」は速いホンダの象徴である!
カー・アンド・ドライバー
【途中経過】2024年WEC第5戦サンパウロ6時間 決勝3時間後
【途中経過】2024年WEC第5戦サンパウロ6時間 決勝3時間後
AUTOSPORT web
ヤマハSDR[名車バイクレビュー] レプリカブームへのアンチテーゼ。反骨心の単独行で人気者だった!?
ヤマハSDR[名車バイクレビュー] レプリカブームへのアンチテーゼ。反骨心の単独行で人気者だった!?
WEBヤングマシン
トヨタの新「プリウス“モンスター”」発表に反響多数! 「ド迫力で最高」「まさにスーパーカー」の声! ワイドボディに「6本出しマフラー」の「シャコタン仕様」発売
トヨタの新「プリウス“モンスター”」発表に反響多数! 「ド迫力で最高」「まさにスーパーカー」の声! ワイドボディに「6本出しマフラー」の「シャコタン仕様」発売
くるまのニュース
[クルマのトラブル] うっかり“ドアパンチ”しちゃった/気づいたらドアパンチされてた…。どうするべきか?
[クルマのトラブル] うっかり“ドアパンチ”しちゃった/気づいたらドアパンチされてた…。どうするべきか?
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

27件
  • hthththt
    ネタ切れか?ヴェロッサ、アルテッツァ、プログレ、ブレビス… 内容が無いいつも同じ記事(笑)
  • dec********
    以前近所にヴェロッサ停まってたんだけど、実物見たらそんなに酷くないどころか
    そこそこ見れるデザインだった。なぜか写真だと酷いデザインに感じる車。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

240.5310.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0380.0万円

中古車を検索
ヴェロッサの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

240.5310.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村