現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1も経験した岩佐歩夢、スーパーフォーミュラのフィーリングを語る。F2の戦友プルシェールとも再会「彼を倒す再チャンスですね!」

ここから本文です

F1も経験した岩佐歩夢、スーパーフォーミュラのフィーリングを語る。F2の戦友プルシェールとも再会「彼を倒す再チャンスですね!」

掲載
F1も経験した岩佐歩夢、スーパーフォーミュラのフィーリングを語る。F2の戦友プルシェールとも再会「彼を倒す再チャンスですね!」

 鈴鹿サーキットで12月6日にスタートしたスーパーフォーミュラの合同/ルーキーテスト。中でも注目されているのが、今シーズンFIA F2でタイトルを争った岩佐歩夢とテオ・プルシェールの参加だ。

 レッドブルジュニアの岩佐は既に、TEAM MUGENからの来季SF参戦が発表済。ITOCHU ENEX TEAM IMPULからテストに参加するプルシェールは、正式発表はまだであるものの、同チームからの来季参戦が濃厚だと言われている。

■スーパーフォーミュラ初ドライブを終えたJuju、初日は81周を走行。懸念されたフィジカル面は「今のところ大丈夫そう」

 どちらもF1昇格に向けて、スーパーフォーミュラでも実力を示したい立場。岩佐にとっては、昨年同じくTEAM MUGENから参戦してタイトルを争ったリアム・ローソンというベンチマークがいるし、来季はF2で敗れたプルシェールとも“再戦”の可能性がある。これについて岩佐は次のように語った。

「もちろん僕の目標はF1ドライバーになって、ワールドチャンピオンになることです。だからこそ、この選手権でチャンピオンにならないといけません」

「もしリアムより良い結果を残せればそれは良いことですが、彼のおかげでプレッシャーを感じるということはありません。やるべきことは分かっていますし、このオフシーズンは来シーズンに向けての準備ということで重要なものになります」

「(プルシェールと共に戦う可能性が高いことは)正直予想していませんでした。僕としては、今年彼に負けているので、来年は彼を倒す再チャンスになりそうですね!」

「でも簡単ではないと思います。もちろんチームメイト(野尻智紀)も超ハイレベルですし、ライバルは多いので(プルシェールのことは)あまり考えすぎないようにして、自分の仕事に集中します」

 そんな岩佐は、午前のセッションでは5番手、午後では7番手と、共にルーキー勢では最上位につけた。ホンダ・サンクスデーで一足先にSF23をドライブしたとはいえ、マシンのポテンシャルを感じられるほどプッシュしていなかったため、今回が正真正銘の本番だったと語る岩佐。アブダビではF1マシンも初ドライブしたが、SF車両のイメージについては次のように語った。

「ほぼイメージ通りで、まさしくF1とF2の中間という感じです。コーナーでプッシュすれば、F1と(コーナリングスピードが)近くなりますし、走らせ方という意味でも近いです。ただ低速域では、F2とかなり近いですね」

「だからF2のような感覚もあれば、F1のような感覚もあります。それは他のドライバーから聞いていたものと似ていますね」

 一方のプルシェールは、タイムシート的には下位のタイムにとどまった。彼はセッションを振り返り、次のように語った。

「多くのことを学んだし、多くの周回をこなしたし、大きなミスもなかったので満足している」

「タイムを見ると確かに少し(ライバルと)離れているけれど、他のチームが何をしているかは分からない。僕たちは来年に向けて準備している。パフォーマンスにとって重要なダンパーも新しくなるし、燃料の搭載量も違うから、自分たちのこと、自分たちの仕事に集中するしかない」

「もちろん、僕たちはとても速いわけではないと思うけど、いずれそこ(上位)に届くと思う。まだ改善するところがたくさんあるし、マシンからはもう少し引き出せるはずだ」

関連タグ

こんな記事も読まれています

セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
AUTOSPORT web
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
乗りものニュース
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
AUTOSPORT web
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
レスポンス
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
motorsport.com 日本版
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
くるまのニュース
ヤマハ「SR400」 初期型カラーの外装セットを受注期間限定で発売
ヤマハ「SR400」 初期型カラーの外装セットを受注期間限定で発売
バイクのニュース
実走行504キロのレクサス「LFA」が2億2000万円以上!?「ニュルブルクリンクパッケージ」は64台の超希少車でした
実走行504キロのレクサス「LFA」が2億2000万円以上!?「ニュルブルクリンクパッケージ」は64台の超希少車でした
Auto Messe Web
複数のチームから関心が向く角田には「ベストな選択肢を掴んでほしい」/渡辺康治HRC社長インタビュー(2)
複数のチームから関心が向く角田には「ベストな選択肢を掴んでほしい」/渡辺康治HRC社長インタビュー(2)
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
motorsport.com 日本版
BYD「仰望(ヤンワン)U8」泳ぐ電動オフローダーは老舗ブランドの脅威になる!
BYD「仰望(ヤンワン)U8」泳ぐ電動オフローダーは老舗ブランドの脅威になる!
AutoBild Japan
ルクレール、サインツJr.とのチームメイトバトルに怒り「彼は限界を越えていた」
ルクレール、サインツJr.とのチームメイトバトルに怒り「彼は限界を越えていた」
motorsport.com 日本版
【ついに発表トヨタ・ランドクルーザー250シリーズ】 限定車ファーストエディションも販売へ
【ついに発表トヨタ・ランドクルーザー250シリーズ】 限定車ファーストエディションも販売へ
AUTOCAR JAPAN
レゴで楽しむ【マクラーレンMP4/4 & アイルトン・セナ】の趣味時間
レゴで楽しむ【マクラーレンMP4/4 & アイルトン・セナ】の趣味時間
カー・アンド・ドライバー
タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!
タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!
ベストカーWeb
1コーナーで無理しなくても僕を抜けたのでは……? ハミルトン、ノリスとの攻防振り返る「彼はあそこで引くべきだった」
1コーナーで無理しなくても僕を抜けたのでは……? ハミルトン、ノリスとの攻防振り返る「彼はあそこで引くべきだった」
motorsport.com 日本版
オンロード性能はそのままにオフロード性能が大幅アップ! 見た目もアグレッシブに進化した「GEOLANDAR A/T4」を横浜ゴムが発表
オンロード性能はそのままにオフロード性能が大幅アップ! 見た目もアグレッシブに進化した「GEOLANDAR A/T4」を横浜ゴムが発表
くるまのニュース
レクサスが「ミラノデザインウィーク2024」に出展! 次世代モビリティの未来を表現する没入型体験アートを展示
レクサスが「ミラノデザインウィーク2024」に出展! 次世代モビリティの未来を表現する没入型体験アートを展示
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村