現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ニューウェイ監修のアストンマーティン“ハイパーカー”に新モデル『ヴァルキリー・スパイダー』発表

ここから本文です

ニューウェイ監修のアストンマーティン“ハイパーカー”に新モデル『ヴァルキリー・スパイダー』発表

掲載 更新
ニューウェイ監修のアストンマーティン“ハイパーカー”に新モデル『ヴァルキリー・スパイダー』発表

 アストンマーティンは8月12~15日、アメリカ・カリフォルニア州モントレーで開催されている『ペブルビーチ・コンコース・デレガンス』において同社のハイパーカー、Valkyrie(ヴァルキリー)の派生型となるニューモデル『アストンマーティン・ヴァルキリー・スパイダー』を発表した。

 日本時間13日(金)未明に情報公開されたこの新型モデルは、アストンマーティンとレッドブル・アドバンスト・テクロノジーズが共同開発した“究極のロードカー”、ヴァルキリーのオープントップモデルだ。

アストンマーティンの1000馬力超ハイパーカー『ヴァルキリー』が公道デビュー

 ヴァルキリー・スパイダーの開発チームは、イギリスの高級スポーツカーメーカーとF1カーデザイナーで“空力の鬼才”の異名を取るエイドリアン・ニューウェイによって立ち上げられた、ヴァルキリー・プログラムの厳格なパフォーマンス目標とコア・エクスペリエンスを維持しつつ、ラグジュアリー・オープントップモデルとは何かを追求する課題に取り組んだ。

 その課題に対する答えとして登場したニューモデルは、最高出力1155PSを誇る6.5リットルV12エンジン+電動モーターのハイブリッドパワートレインはそのままに、カーボンファイバー構造に改良が加えられ、アクティブ・エアロダイナクス・システムとアクティブ・シャシー・システムのキャリブレーションが全面的に見直されている。これらの改良は、ルーフを取り外した状態で走行した際でも、ヴァルキリー本来のパフォーマンスを発揮できるようにすることを目標としたものだ。

 なお、車両重量はヴァルキリーと同じ厳格な設計思想を適用することにより、オリジナルのクーペモデルと比較してわずかな増加に抑えられ、軽快なライトウエイト・ソリューションという同モデル本来のパッケージングを継承。ルーフを取り外した状態でのトップスピードは330km/h以上に達し(ルーフ装着時は350km/h以上)、ブランド史上最速かつ、もっとも過激なオープントップモデルとなっている。

 取り外し可能な専用の軽量ルーフはカーボンファイバー製センターパネルとポリカーボネート製ルーフウインドウで構成され、センターパネルはルーフ後端のタブとウインドスクリーン・サラウンドによって固定される。ルーフの取り外しはドアを開け、ルーフを持ち上げて収納するだけだ。

 この脱着可能のルーフを採用するにあたり、ヴァルキリー・スパイダーではドアをリニューアル。それをサポートするためにヒンジを含む構造が変更され、真上に跳ね上げるクーペとは異なり、車両前方に向けて上部へ跳ね上がるフロントヒンジ・タイプとなっている。

■ニューウェイ「重視した点は、ルーフを外した状態でも空力性能を維持すること」

「私たちは、アストンマーティン・ヴァルキリー・プロジェクトを立ち上げた当初から、従来のロードカーをはるかに超える厳格な目標を設定してきた。そして、オープントップ・ハイパーカー・カテゴリーに属する『ヴァルキリー・スパイダー』にも、同じ設計思想を適用した」と語るのは、レッドブル・レーシングのチーフ・テクニカル・オフィサーを務めるニューウェイ。

「このモデルは、一見するとヴァルキリーからルーフを取り外しただけに見えるかもしれないが、ヴァルキリーと同じコンセプトを採用するためには大きな困難が伴った」

「もっとも重視した点は、ルーフを外した状態でも空力性能を維持することだった。同様に、運転の楽しみを最大限に引き出しながらも、オープントップモデルにとって避けられない重量増加も最小限に留めている」

 アストンマーティンCEOのトビアス・ムアースは、「ヴァルキリー・スパイダーは、その情熱と感性をさらなる高みへと引き上げ、真にセンセーショナルな走りを実現した」とコメント。

「このモデルにはレブリミットが1万1000rpm以上に達する6.5リッターV12ユニットが搭載されている。ルーフを取り外した状態で、このエンジンが奏でるサウンドを聴ける日を今から楽しみにしている」

 時速240キロで走行したときに1400kg以上のダウンフォースを発生するなど、昨シーズンまでWEC世界耐久選手権を戦っていたLMP1マシンと同等のパフォーマンスを発揮するヴァルキリー・スパイダーは、全世界85台限定で生産される。予約受注と各地域へ割り当てはまもなく開始され、最初のデリバリーは2022年下半期が予定されている。

こんな記事も読まれています

ヤマハ『MT-09 SP』新型発表、ブレンボ製キャリパーにスマートキーも 24年モデルは走りと質感アップ
ヤマハ『MT-09 SP』新型発表、ブレンボ製キャリパーにスマートキーも 24年モデルは走りと質感アップ
レスポンス
最高速を欠いたポルシェ。表彰台を逃す結果に「BoPのせいじゃない」とLMDh責任者/ル・マン24時間
最高速を欠いたポルシェ。表彰台を逃す結果に「BoPのせいじゃない」とLMDh責任者/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第9戦】勝利がふさわしかったノリス。角田裕毅はスピンするまでは強力だった
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第9戦】勝利がふさわしかったノリス。角田裕毅はスピンするまでは強力だった
AUTOSPORT web
オーナーは自慢してヨシ!!! 今見ても個性際立つ国産ともフツーの輸入車ともひと味違うエキゾチックカーたち
オーナーは自慢してヨシ!!! 今見ても個性際立つ国産ともフツーの輸入車ともひと味違うエキゾチックカーたち
ベストカーWeb
飲み会のあとに女性にタクシー代を渡すのは時代遅れ!? 悩ましい「御車代」問題の今と昔。バブル時代にはアッシー君を使う「頂き女子」も
飲み会のあとに女性にタクシー代を渡すのは時代遅れ!? 悩ましい「御車代」問題の今と昔。バブル時代にはアッシー君を使う「頂き女子」も
Auto Messe Web
軽やハイエースのパトカーが速度超過車両を追跡……はない? 黒白のパトカーの種類と役割とは
軽やハイエースのパトカーが速度超過車両を追跡……はない? 黒白のパトカーの種類と役割とは
WEB CARTOP
【トライアンフ】ファッションブランド「ホワイトマウンテニアリング」とコラボしたカスタムバイクを TOKYO OUTDOOR SHOW2024 にて公開!
【トライアンフ】ファッションブランド「ホワイトマウンテニアリング」とコラボしたカスタムバイクを TOKYO OUTDOOR SHOW2024 にて公開!
バイクブロス
レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
レスポンス
277万円! 日産の新型「小さな高級車」発表に反響多数!? 「買っていい?」「欧州風で好き」 顔面刷新の「ノートオーラ」は話題の”海外展開車”にも似てる!?
277万円! 日産の新型「小さな高級車」発表に反響多数!? 「買っていい?」「欧州風で好き」 顔面刷新の「ノートオーラ」は話題の”海外展開車”にも似てる!?
くるまのニュース
罪に問えたりする? 勝手に愛車に跨られた際の不快感
罪に問えたりする? 勝手に愛車に跨られた際の不快感
バイクのニュース
車重1.5トン以下、スポーティな小型EV登場 アルピーヌ新型「A290」来年納車開始
車重1.5トン以下、スポーティな小型EV登場 アルピーヌ新型「A290」来年納車開始
AUTOCAR JAPAN
最後のル・マン挑戦で9位。目標達成の星野敏が万感「ル・マンはもう“卒業”で良いと思っています」
最後のル・マン挑戦で9位。目標達成の星野敏が万感「ル・マンはもう“卒業”で良いと思っています」
AUTOSPORT web
吉田 匠の『スポーツ&クラシックカー研究所』Vol.21 みんなのスポーツカーの快作、マツダ・ロードスター。
吉田 匠の『スポーツ&クラシックカー研究所』Vol.21 みんなのスポーツカーの快作、マツダ・ロードスター。
くるくら
2023年世界で最も売れた車はテスラ『モデルY』、「RAV4」超えて初の首位に[新聞ウォッチ]
2023年世界で最も売れた車はテスラ『モデルY』、「RAV4」超えて初の首位に[新聞ウォッチ]
レスポンス
スピンも首位争いも経験。宮田莉朋が触れた「やっぱり簡単には勝たせてもらえない」ハイレベルなル・マンの世界
スピンも首位争いも経験。宮田莉朋が触れた「やっぱり簡単には勝たせてもらえない」ハイレベルなル・マンの世界
AUTOSPORT web
「(知らなくて)よく免許取れたな」の声!? 道路にある「謎のひし形」の意味分かる?  6割は“知らない”の結果も…  正解は?
「(知らなくて)よく免許取れたな」の声!? 道路にある「謎のひし形」の意味分かる? 6割は“知らない”の結果も… 正解は?
くるまのニュース
【2024年6月最新】人気の原付二種の納車状況をディーラーに聞いてみた!
【2024年6月最新】人気の原付二種の納車状況をディーラーに聞いてみた!
バイクのニュース
スペース重視、日産『タウンスター・クルーバン』新型を欧州発表…航続278kmのEVも設定
スペース重視、日産『タウンスター・クルーバン』新型を欧州発表…航続278kmのEVも設定
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

473.0615.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.9530.0万円

中古車を検索
スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

473.0615.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.9530.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村