サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「MINI」が4年度連続輸入車ナンバーワン! 2019年度の輸入車登録台数ベスト20発表

ここから本文です

「MINI」が4年度連続輸入車ナンバーワン! 2019年度の輸入車登録台数ベスト20発表

■外国メーカー車の新規登録台数は前年度にくらべて5.1%減少

 日本自動車輸入組合(JAIA)は2020年4月6日、2019年度(2019年4月から2020年3月)における外国メーカー車の輸入車新規登録台数を発表した。

チンクエチェントに春の新色登場! イエローをまとったフィアット「500/500Cミモザ」

 それによると、2019年度の外国メーカーの新規登録台数(乗用車、貨物車、バス含む)は29万2109台。前年度の2018年度は30万7682台から比較すると94.9%とマイナス5.1ポイントなった。

 日本メーカー車の輸入新規登録台数は4万7315台で前年度比で84.9%。輸入車総計だと33万9424台で前年度比93.4%と、マイナス6.6ポイントとなった

 ブランド別に見てみると、1位のメルセデス・ベンツが6万4569台(前年度比96.4%)、2位フォルクスワーゲンが4万5540台(同87.5%)、3位BMWが4万4231台(同86.9%)と、トップ3がいずれも前年度を下まわっている。

 注目のブランドでは、7位のボルボが1万8540台(同101.9%)、9位のJeepが1万4186台(同127.8%)、10位のプジョーが1万335台(同103.5%)。ドイツブランドではない輸入車ブランドが前年度比でプラスになっているのが特徴だ。

 また13位のポルシェは7694台と前年度比114.0%を記録。またフェラーリは982台(同124.9%)、ランボルギーニは737台(同137.0%)、マクラーレンが336台(同138.8%)と前年度に比べて大幅に伸びている。

※ ※ ※

 外国メーカー車のモデル別新車登録台数順位は以下のとおり。

●1位:MINI 2万2255台

 1位になったのはBMW MINI。MINIは2016年度から4年連続の輸入車ナンバーワンとなる。

 MINIは3ドア、5ドア、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーと5つのボディバリエーションがあるが、その総計がこの数字になる。

 2019年はMINI生誕60周年だったこともあり、それを記念した限定車の発売などがあった。また2019年10月にはMINIクラブマンのビッグマイナーチェンジをおこなっている。

 ただし2019年度の台数は2万2255台と、前年度の2万5793台と比べると86.3%に落ちている。

●2位:フォルクスワーゲン「ゴルフ」1万8416台

 2位のフォルクスワーゲン「ゴルフ」は1万8416台と、前年度比93.6%となった。

 ゴルフは2015年度まで輸入車ナンバーワンの地位を維持していたが、2016年からMINIにその座を奪われている。

 2019年10月25日にはドイツ本国で8世代目の新型「ゴルフVIII」が発表されるなどモデル末期のゴルフだったが、2019年8月に待望のTDI(ディーゼルモデル)がゴルフ・ゴルフヴァリアントに追加設定されるなど、熟成された魅力が評価されたために前年度比93.6%でおさまったともいえる。

■2019-2020インポートCOTYを取ったBMW3シリーズは5位

●3位:メルセデス・ベンツ「Cクラス」 1万3438台

 メルセデス・ベンツのDセグメントモデル「Cクラス」が1万3438台で3位となった。

 順位的には5年連続の3位キープだが、前年度は1万9215台だったので69.9%と大幅に減少している。

 W205型と呼ばれる現行型モデルが2014年7月発売となり、そろそろフルモデルチェンジの時期が待っていることや、ライバルであるBMW3シリーズが2019年1月にフルモデルチェンジをおこなったことなどが影響したと考えられる。

●4位:メルセデス・ベンツ「Aクラス」 1万2946台

 メルセデス・ベンツのCセグメントモデル、「Aクラス」が1万2946台で4位に入った。

 前年度の2018年度は6654台で13位だったので、2019年度は大きくランクを上げている。前年度対比は194.6%となる。

 2018年10月18日に4代目の新型にフルモデルチェンジ。対話型インフォシステム「MBUX」や最新安全運転支援システムなど、これまでSクラスなど上級モデルに搭載されていた多くの機能を採用。さらに前輪駆動モデルとして広い室内を手に入れたことも販売好調につながっている。

 さらに2019年7月には4ドアセダン「Aクラスセダン」を発表するなど、幅広い客層に向けたラインナップを用意したのも好調要因といえる。

●5位:BMW「3シリーズ」 1万720台
 
 BMW「3シリーズ」は1万720台で5位。前年度は7775台で7位だったので、前年度比137.9%と伸長した。

 7代目となる新型3シリーズは2019年1月に発表。まずはセダンのガソリンモデル(320i・330i)が登場し、2019年5月にはディーゼルモデルで4WDの「320d xDrive」やプラグインハイブリッド「330e M Sport」、さらに直6エンジン搭載のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」も追加されている。

 さらに2019年9月にはステーションワゴン「3シリーズツーリング」も追加され、2019-2020の日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポートカー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

 そうしたニューモデル効果が販売に結びついている。

※ ※ ※

 2018年度の外国メーカー車モデル別新車登録台数の5位以下は、次のとおり。

6位 フォルクスワーゲン「ポロ」 9550台
7位 ボルボ「40シリーズ」 8485台
8位 ボルボ「60シリーズ」 7841台
9位 アウディ「A3シリーズ」 6233台
10位 メルセデス・ベンツ「Bクラス」 6109台
11位 メルセデス・ベンツ「Eクラス」 6098台
12位 ジープ「ラングラー」 5897台
13位 メルセデス・ベンツ「CLA」 5439台
14位 メルセデス・ベンツ「GLC」5149台
15位 BMW「X1」 5132台
16位 BMW「2シリーズ」 4936台
17位 アウディ「Q2」 4660台
18位 BMW「1シリーズ」 4621台
19位 フォルクスワーゲン「ティグアン」 4548台
20位 BMW「X3」 4545台

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します