サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルノー、ダイムラーと共同開発した1.3ℓ直4ターボを発表 115ps~160ps

ここから本文です

ルノーは、アライアンス・パートナーであるダイムラーと共同開発した新しい1.3ℓガソリンエンジンを発表した。

ルノーは、ダイムラーと共同開発した1.3ℓ(1330cc)の4気筒DOCH直噴ターボを発表した。まず搭載するのは、ルノー・セニックとグランセニックだ。2018年から、搭載車種を増やしていく計画だ。新エンジンは燃費を改善したうえで、ドライビング・プレジャーに磨きをかけたという。

マツダCX-5に採用されたバイオエンプラは、三菱ケミカルの「DURABIO(デュラビオ)」

新エンジンの詳細(ボア・ストロークなど)は不明だが、115ps/140ps/160psの3つのラインアップを持ち、それぞれMTとDCTと組み合わせる。もちろん、横置きエンジンだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン