現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 30年落ちマツダ「軽自動車」が400万円超え!? 13万キロ超え&傷ありの「激レアモデル」に驚愕の声多数!

ここから本文です

30年落ちマツダ「軽自動車」が400万円超え!? 13万キロ超え&傷ありの「激レアモデル」に驚愕の声多数!

掲載 33
30年落ちマツダ「軽自動車」が400万円超え!? 13万キロ超え&傷ありの「激レアモデル」に驚愕の声多数!

■400万円超えの激レア軽「AZ-1」に反響多数

 2023年9月27日、アメリカのカーオークションサイト「Bring a Trailer」において、マツダ「AZ-1(オートザム AZ-1)」が2万7250ドル(当日レートで約407万円)で落札されました。
 
 これについて、SNSなどではさまざまなユーザーからコメントが投稿されています。

【画像】「えっ…」 これが400万円超えの「マツダ軽自動車」です! 画像で見る(57枚)

 Bring a Trailerでは、クラシックカーから現行モデルに至るまで、世界中の名車が競売されています。

 今回、新車価格以上となったAZ-1は1992年10月に登場した2ドア軽ミッドシップスポーツカーです。

 1989年の第28回「東京モーターショー」で公開されたコンセプトカー「AZ550」3タイプのうち、「タイプA」のデザインをベースに開発。

 ガルウイングドアを持つスケルトンボディに樹脂製外板を装着する軽量ボディを採用したほか、重量配分を考慮しミッドシップにスズキ製の660cc直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載するなど、走行性能の高さも魅力で、ライバル車のホンダ「ビート」やスズキ「カプチーノ」とともに、根強いファンを持つクルマです。

 今回落札された個体は1993年式で走行距離は13万8000キロ。2020年4月に北米に正式に輸入されたといいます。

 ボディカラーは純正の「サイベリアブルー」で、専用エアロや足回りなどが装備される「マツダスピード」モデルです。

 外装はいくつかの傷はあるものの30年落ちの年式を考えるとキレイな状態を維持されており、ボンネットとフロントバンパーカバー、リアパネルのAZ-1デカール付近に傷が見られるものの、程度はかなり良好です。

 インテリアはMOMO製「スパイダー」ステアリングやインパネのアルカンターラ貼り、シフトノブなどが変更されているものの、比較的純正に近い状態で残存。運転席側のクッション(アンコ)にヘタリはあるようですが、目立つスレや汚れなどは少なめです。

 エンジンルーム内もプラスチックやゴムパーツ類が黒々としていることから、しっかり手入れがなされた状態で、プラグとイグニッションコイルは交換され、大切に乗られてきたようです。

 各種コーションプレートや車検ステッカーなど、日本語の表示類はそのままの状態となっており、現地のマニアにはたまらない逸品ともいえます。

 キーは3本あり、そのうちメインキーは日本人オーナーと思わしき名前の入ったキーホルダーに加え、柴又帝釈天(東京都葛飾区)のお守りがついたままになっており、東京の下町周辺の地域で乗られていた可能性もあります。

 入札は9月20日に999ドルでスタート後、41件もの激しい入札合戦を繰り広げ、2万7250ドルで落札。貴重なモデルであることや状態などが評価されたのか、新車価格(149万8000円)をはるかに超える価格で取り引きされました。

 このAZ-1について、SNSなどでは多くのユーザーが話題にしており、さまざまなコメントが投稿されています。

「マジか!」「すごいなぁ…」「30年落ち、走行13.8万キロの軽自動車を400万円で買うとは」など、新車価格超えに驚く人が多く、さらに「ずいぶんきれいなままアメリカに行ったんだね」「大事にされていたんだろうなあ」と、程度の良さを感じる人も。

 また、現在AZ-1を所有するユーザーからは、「これで400ならうちのは600だな」など、自身の個体と比較したり、以前乗っていたという人からは「シートに座ったら、車の横に正座しているのと大して変わらなかった」「免許とって初めて買ったのが、中古のAZ-1だった」などと、乗り味を懐かしんだりする投稿もみられました。

※ ※ ※

 映画やマンガ、アニメなどの影響から日本車の人気が高まっており、そのうち特に人気なのは1980年代から90年代のスポーツカーで、高値で取り引きされています。

 特に北米地域では俗に「25年ルール」と呼ばれる、クラシックカーとして登録できる決まりがあり、通常走行ができない右ハンドル車であっても、製造から25年が経過すれば走行可能になります。

 さらに、車検ステッカーや日本語のブックレット類など、日本で使用されていた状態をそのまま維持・または再現する「JDM(Japanese Domestic Market)スタイル」で乗ることが流行しているようです。

 なかにはAZ-1のように日本独自規格の軽自動車が取り引きされることもあり、個体の程度や仕様によっては今回の個体のように新車価格を超える金額で落札されることも少なくはありません。

こんな記事も読まれています

な…なんだ!? スズキの斬新「軽ワゴン」がヤバすぎる! 超絶スポーツ仕様を発見!? 謎の「アルトハッスル」とは
な…なんだ!? スズキの斬新「軽ワゴン」がヤバすぎる! 超絶スポーツ仕様を発見!? 謎の「アルトハッスル」とは
くるまのニュース
セリカ復活!? 600万円のトヨタ「セリカ」が激シブ過ぎ! ホワイトボディ&ゴールドホイールに惚れるも…中身は「空っぽ」なぜ? 反響はいかに
セリカ復活!? 600万円のトヨタ「セリカ」が激シブ過ぎ! ホワイトボディ&ゴールドホイールに惚れるも…中身は「空っぽ」なぜ? 反響はいかに
くるまのニュース
MT復活! スズキが新型「スイフトスポーツ」発売! 「何が変わった?」一時姿消すも継続販売へ 反響は?
MT復活! スズキが新型「スイフトスポーツ」発売! 「何が変わった?」一時姿消すも継続販売へ 反響は?
くるまのニュース
超レトロな「新型スポーツカー」実車を初公開!「丸目4灯」がカッコイイ! めちゃ“旧車デザイン”なミツオカ新型「M55」に反響殺到
超レトロな「新型スポーツカー」実車を初公開!「丸目4灯」がカッコイイ! めちゃ“旧車デザイン”なミツオカ新型「M55」に反響殺到
くるまのニュース
斬新すぎる「和製スーパーカー」登場! 全幅2m超え&「ヘビ顔」がめちゃカッコいい! インパクト強めの「オロチ」英での落札価格に驚きの声
斬新すぎる「和製スーパーカー」登場! 全幅2m超え&「ヘビ顔」がめちゃカッコいい! インパクト強めの「オロチ」英での落札価格に驚きの声
くるまのニュース
鮮烈な赤ボディが印象的! ホンダ「4ドアスポーツカー」が1600万円!? 300台限定の特別な個体とは
鮮烈な赤ボディが印象的! ホンダ「4ドアスポーツカー」が1600万円!? 300台限定の特別な個体とは
くるまのニュース
ホンダエンジン搭載の日産「スカイライン」現る! 超ド級カスタム「ER34」の中身が凄い! SEMAで展示
ホンダエンジン搭載の日産「スカイライン」現る! 超ド級カスタム「ER34」の中身が凄い! SEMAで展示
くるまのニュース
なんで市販化しちゃったの!? 「斬新すぎるドア」装備の2ドアスポーツカーに驚愕! 異端すぎた激レアモデル「Z1」とは?
なんで市販化しちゃったの!? 「斬新すぎるドア」装備の2ドアスポーツカーに驚愕! 異端すぎた激レアモデル「Z1」とは?
くるまのニュース
恐ろしいほどバカッ速で若者を熱狂させた「スポーツ軽」! 懐かしモデル7台の中古価格を調べたら驚きの結果に
恐ろしいほどバカッ速で若者を熱狂させた「スポーツ軽」! 懐かしモデル7台の中古価格を調べたら驚きの結果に
WEB CARTOP
「日本イチの軽」にまだ伸びしろアリ!? ホンダ新型「軽ワゴン」に「SUV」追加? 期待される「N-BOXクロス」の実現性とは
「日本イチの軽」にまだ伸びしろアリ!? ホンダ新型「軽ワゴン」に「SUV」追加? 期待される「N-BOXクロス」の実現性とは
くるまのニュース
CX-5にGR86……せっかく新車買うなら長く乗りたいよね!!! 「10年乗っても飽きない」国産車7選
CX-5にGR86……せっかく新車買うなら長く乗りたいよね!!! 「10年乗っても飽きない」国産車7選
ベストカーWeb
ホンダ新型「プレリュード」初公開! 2ドアクーペの「スペシャリティカー」発売へ! “復活宣言”かつてのオーナーはどう思う?
ホンダ新型「プレリュード」初公開! 2ドアクーペの「スペシャリティカー」発売へ! “復活宣言”かつてのオーナーはどう思う?
くるまのニュース
6速MTのみでアンダー300万円!? 最安のトヨタ「快速FRスポーツ」はまさかの“鉄チン”! 改良で生き残った「GR86 RC」の中身は?
6速MTのみでアンダー300万円!? 最安のトヨタ「快速FRスポーツ」はまさかの“鉄チン”! 改良で生き残った「GR86 RC」の中身は?
くるまのニュース
超レトロな「新型スポーツカー」世界初公開! 6速MT×丸目4灯がカッコイイ! 光岡新型「M55」実車展示実施 なぜ今「旧車デザイン」で登場?
超レトロな「新型スポーツカー」世界初公開! 6速MT×丸目4灯がカッコイイ! 光岡新型「M55」実車展示実施 なぜ今「旧車デザイン」で登場?
くるまのニュース
10年落ちタダ同然で手に入れたホンダ「ライフステップバン」とともに40年!「自分とクルマ、どっちが長生きするかな?」
10年落ちタダ同然で手に入れたホンダ「ライフステップバン」とともに40年!「自分とクルマ、どっちが長生きするかな?」
Auto Messe Web
「30年前の軽トラ」が190万円で落札!“少しいじった”ホンダ「農道のNSX」が米オークションに出品
「30年前の軽トラ」が190万円で落札!“少しいじった”ホンダ「農道のNSX」が米オークションに出品
くるまのニュース
“ケンメリ”復活!? 6速MT搭載の新型「超レトロ顔ハッチバック」初公開! シビックベースの光岡「M55」市販化の可能性は大いに「アリ」?
“ケンメリ”復活!? 6速MT搭載の新型「超レトロ顔ハッチバック」初公開! シビックベースの光岡「M55」市販化の可能性は大いに「アリ」?
くるまのニュース
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

33件
  • アメリカ人がAZ-1に乗れるとは思えない(物理的に)笑
  • ホントにちょっと前まで普通に100万以下位で買えたと思ってたんだけどなぁ…

    こんな時代が来るとは
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

149.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

183.0480.0万円

中古車を検索
AZ-1の買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

149.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

183.0480.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村