サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、半導体不足で挽回生産にブレーキ 2月は計画比2割減産 新型「ノア/ヴォクシー」「アクア」などに影響

ここから本文です
トヨタ自動車は1月18日、2月も計画比で約2割(約15万台)の減産になりそうだと発表した。減産後も2月として過去2番目の高水準だが、半導体不足により挽回生産が思うように進まない。この結果、約900万台を計画していた2021年度の生産計画も下回る見込みになった。年度の改定値は3月の生産計画を見極めた上で公表する考えだ。

2月は当初、約85万台の生産を計画していたが70万台程度とする。減産幅は国内外でほぼ半分ずつという。国内では全14工場28ライン中、8工場11ラインで2日~13日、稼働を停止する。

おすすめのニュース

サイトトップへ