サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「AMG C36のボルトオンターボ仕様だと!?」3.6L直6エンジンにポルシェ用K26タービンを装着!

ここから本文です

老舗“トライアル”が制作した驚愕のKKK製タービン仕様!

最大ブースト圧0.6キロで350psを発揮

「AMG C36のボルトオンターボ仕様だと!?」3.6L直6エンジンにポルシェ用K26タービンを装着!

AMGとメルセデスベンツがタッグを組んで開発した初めてのモデル、日本へは1994年から導入されたW202型『C36』。スポーツセダンの規範と絶賛された作品だ。そんな名車を、フルコン制御のターボチューンで武装してしまったのが大阪のチューニングショップ“トライアル”だ。

エンジン本体はヘッドも腰下もノーマルだが、ヘッドガスケットはノーマルより0.2mm厚く設計されたワンオフメタルガスケットで圧縮比をダウン。

おすすめのニュース

サイトトップへ