現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォード 新型EV、発売延期 2024年夏へ バッテリー安全性に関する新規制開始のため

ここから本文です

フォード 新型EV、発売延期 2024年夏へ バッテリー安全性に関する新規制開始のため

掲載 1
フォード 新型EV、発売延期 2024年夏へ バッテリー安全性に関する新規制開始のため

欧州向けの最新EV、発売延期

フォードの新型電動SUV、エクスプローラーの発売が、今年の秋から2024年夏に延期された。

【画像】欧州販売の主力と期待される次世代EV【フォード・エクスプローラーを写真でじっくり見る】 全43枚

新型エクスプローラーは、7月に生産終了したハッチバックのフィエスタに代わり、9月よりドイツ・ケルン工場の生産ラインで組み立てが始まる予定だったが、新しいバッテリー法制の開始により数か月延期されることになった。

AUTOCARに寄せられた声明の中で、フォードは次のように述べている。

「わたし達は、新しいフォード・ケルン・エレクトリック・ビークル・センターで生産される最初のEVであるエクスプローラーを欧州のお客様にお届けできることを嬉しく思います」

「フォードは、EVの技術基準(国連規則100.3)が、世界中のお客様に安全で高品質な自動車をお届けするという社内の理念と一致していることから、これを受け入れています。これにより、新型エクスプローラーは2024年夏にお客様に納車されることになります」

国連規則100.3(UN Regulation 100.3、ECE-R100.3)は、EV用バッテリーの安全性の認証に関するもので、2023年9月1日に発効し、この日以降に型式認証を受ける新型車は新たな適合試験に対応しなければならない。すでに販売されているモデルに影響はない。

「100.3」とあるように、第3次改訂版である。これまでの規制では振動、熱衝撃、耐火性、外部短絡、過充電などに対するバッテリーの保護性能の試験が行われてきた。新規性では主に過電流保護をテストする。

エクスプローラーは今後、これらの適合試験を受け、新規制に適合しているかどうかを確認する。

フォードのケルン工場の従業員には、8月10日にこの決定が通知されたという。

新型エクスプローラーは、フォルクスワーゲン・グループから供給されたプラットフォームとバッテリーを使用する電動SUVで、米国向けの同名車種とはまったく別系統のモデルとなる。

フォルクスワーゲンはAUTOCARに対し、新しい規制を踏まえて販売から除外する計画はないとし、「フォードと並行して、フォルクスワーゲンは欧州でバッテリー技術の適合を開始し、グループ内のモデルを順次新しい規格に切り替えていく」と述べた。

「アメリカらしさ」を打ち出したSUV

エクスプローラーは、フォードのアメリカン・スピリットを受け継ぎながら、欧州市場に焦点を当て、欧州で設計・生産される新世代の電動SUVである。

全長4460mmと、クラスとしてはコンパクトSUVとミドルサイズSUVのほぼ中間に位置するサイズで、ジープ・アベンジャーやミニ・エースマン、ヒョンデ・アイオニック5、スコダ・エンヤクiVまで、あらゆる車種と競合することなる。

欧州における重要な新製品であり、これまでのフィエスタ、フォーカス、モンデオとは一線を画す「アメリカンネス(American-ness、米国らしさ)」をコンセプトに、新しい設計思想を採用したEVである。

欧州フォードの責任者であるマーティン・サンダー氏は、「フォードの真のDNAに少しフォーカスを当て、そのルーツに立ち返れば、フォードは欧州でビジネスを続けている唯一の米国の象徴的な自動車会社となります。ブランドを再ポジショニングし、このDNAを軸に新しい体験の世界を創造する大きなチャンスになると思います」と話す。

最もパワフルな仕様では、前後アクスルにモーターを搭載して四輪駆動とし、合計出力340psと最大トルク55.5kg-mを発揮する。現在販売されているMEBベースのどの市販車よりも強力で、0-100km/hのタイムは6.0秒以下となる。

また、後輪駆動モデルでは170psと286psの2種類の出力が用意されている。

バッテリーについてはまだ詳細が明らかにされていないが、最も脚の長い「マックス」仕様で最大500kmの航続距離を目標としている。エントリーモデル向けの52kWhバッテリーと、アウディQ4 eトロンで航続距離508kmを謳う77kWhバッテリー(いずれも170kWの速度で充電可能)が用意されるものと予想される。

こんな記事も読まれています

メリットだらけの「シートヒーター」 あるのとないのじゃ雲泥の差だった しかもリセールバリューがいいってよいことずくめじゃん!
メリットだらけの「シートヒーター」 あるのとないのじゃ雲泥の差だった しかもリセールバリューがいいってよいことずくめじゃん!
ベストカーWeb
マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!
マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!
ベストカーWeb
『これ無理やん!』実質3台のレースを終わらせた悪夢のオープニングラップ。当事者たちが語るマルチクラッシュの状況
『これ無理やん!』実質3台のレースを終わらせた悪夢のオープニングラップ。当事者たちが語るマルチクラッシュの状況
AUTOSPORT web
レクサスに乗ってアウトドア体験!家族や仲間と楽しむオーナー限定イベント第2弾開催
レクサスに乗ってアウトドア体験!家族や仲間と楽しむオーナー限定イベント第2弾開催
グーネット
エンジンオイルの交換を忘れていたら?車が受ける影響と忘れないための対策
エンジンオイルの交換を忘れていたら?車が受ける影響と忘れないための対策
グーネット
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
AUTOSPORT web
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
AUTOSPORT web
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
ベストカーWeb
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
ベストカーWeb
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
Auto Messe Web
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
AUTOSPORT web
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
AUTOSPORT web
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
AUTOSPORT web
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
AUTOCAR JAPAN
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
Auto Messe Web

みんなのコメント

1件
  • サイズ的にもデザイン的にも、エクスプローラーEVというよりはエスケープEVだな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

489.0635.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.01090.0万円

中古車を検索
エクスプローラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

489.0635.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.01090.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村