サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スーパーカブで訪れた東京都中野区の裏路地 そこには昭和レトロの世界に浸れる光景が広がっていた

ここから本文です

■ふらり裏路地散策、スーパーカブなら降りて歩くのもよし

 新宿のゴールデン街や思い出横丁、吉祥寺のハーモニカ横丁など、昭和の香りがプンプン漂う、昭和そのものの雰囲気が残る裏路地や横丁は、まだまだたくさん存在します。そんなレトロなストリートを目指し、JR「中野駅」北口方面へ向かいました。

ホンダ「スーパーカブ125」最新モデル! わずか1.5Lの燃料で100km走行できる新エンジン搭載

 昭和41年に竣工、サブカルチャーの聖地とも言われる「中野ブロードウェイ」が建つ中野駅の北口エリアには、狭い路地が張り巡らされている飲み屋街でもありますが、平日のお昼時にはサラリーマンやOL、休日は観光客で賑わうランチストリートでもあります。

おすすめのニュース

サイトトップへ