現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2ポストシーズンテストのエントリーリストが発表。現時点での年間エントリー確定は12名

ここから本文です

FIA F2ポストシーズンテストのエントリーリストが発表。現時点での年間エントリー確定は12名

掲載 1
FIA F2ポストシーズンテストのエントリーリストが発表。現時点での年間エントリー確定は12名

 FIA F2は、11月29日~12月1日にアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで実施するポストシーズンテストの参加ドライバーを発表した。2024年シーズンのレギュラー参戦がすでに発表されている12名を含む、23名のドライバーが参加を予定している。

 ザウバー育成のテオ・プルシェール(ARTグランプリ)がドライバーズタイトルを獲得した2023年シーズンが幕を下ろし、早速11月29日~12月1日より2024年シーズンへ向けたテストが開催される。2024年シーズンよりFIA F2には新型車両が導入されるが、今回のポストシーズンテストでは、全車が2023年シーズンまでのマシン『F2・2018』となり、同車にとっては最後の公式テストとなる。

宮田莉朋が加入するFIA F2チーム『ロダン・カーリン』とは。過去には日本人ドライバーが多数在籍

 セッションは午前(現地時間9時~12時)と午後(現地時間14時~17時)のそれぞれ3時間を3日間行われる。このテスト期間中には、2023年最終戦となった第14戦ヤス・マリーナで使用されたものと同じコンパウンドのミディアムタイヤが5セット、ソフトタイヤが3セット用意され、各チームは自由に使用できる。

 今回のポストシーズンテストには23名が顔を連ねた。そのうち2024年のシーズンエントリーを表明したのは12名となる。なお、トライデントの20号車はテスト1日目と2日目にリチャード・フェルシュフォーが搭乗。3日目はクリスチャン・マンセルがステアリングを握るかたちに。なお、2023年FIA F3に参戦したマンセルはオーストラリア出身であり、ナイジェル・マンセルとの血縁関係はない。

 11月28日にFIA F2が明らかにしたアブダビ・ポストシーズンテストのエントリーは以下のとおりだ。

■2023年FIA F2ポストシーズンテスト エントリーリスト
Car.NoDriverTeam20241デニス・ハウガーMPモータースポーツ○2フランコ・コラピントMPモータースポーツ○3ゼイン・マロニーロダン・カーリン○4宮田莉朋ロダン・カーリン○5ビクトール・マルタンスARTグランプリ6ザク・オサリバンARTグランプリ○7アンドレア・キミ・アントネッリプレマ・レーシング○8オリバー・ベアマンプレマ・レーシング9ポール・アーロンハイテック・パルスエイト10アムーリ・コルデールハイテック・パルスエイト11ジャック・クロフォードダムス○12ファン・マヌエル・コレアダムス14ガブリエル・ボルトレートインビクタ・ビルトゥジ・レーシング○15クッシュ・マイニインビクタ・ビルトゥジ・レーシング○16ジョシュア・デュルクセンPHMレーシング○17ジョシュア・メイソンPHMレーシング20リチャード・フェルシュフォー(1~2日目)クリスチャン・マンセル(3日目)トライデント21オリバー・ゲーテトライデント22エンツォ・フィッティパルディファン・アメルスフォールト・レーシング23ラファエル・ヴィラゴメスファン・アメルスフォールト・レーシング24アイザック・ハジャルカンポス・レーシング○25ジョセップ・マリア・マルティカンポス・レーシング○
※2024欄の『○』は、2024年シーズンの年間エントリーを発表済のドライバー

こんな記事も読まれています

スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
AUTOSPORT web
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
LE VOLANT CARSMEET WEB
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
AUTOSPORT web
トヨタ「2.0L カローラ」あった! 限定500台“2000 Limited”に「復活」願う声… 新型カローラ並の注目されるクルマとは
トヨタ「2.0L カローラ」あった! 限定500台“2000 Limited”に「復活」願う声… 新型カローラ並の注目されるクルマとは
くるまのニュース
【MotoGP】リンスのヤマハへの適応、まだまだ道半ば? 「こっちが乗られてるみたい」アメリカズGP勝利再現はムリと示唆
【MotoGP】リンスのヤマハへの適応、まだまだ道半ば? 「こっちが乗られてるみたい」アメリカズGP勝利再現はムリと示唆
motorsport.com 日本版
マツダ渾身のラージSUV始動! トップバッター「CX-60」って実際どうなのよ? 今だ見えない実力はいかに
マツダ渾身のラージSUV始動! トップバッター「CX-60」って実際どうなのよ? 今だ見えない実力はいかに
ベストカーWeb
マツダ CX-80のティザーがついにスタート! ワールドプレミアに向けてカウントダウンが始まったぞ
マツダ CX-80のティザーがついにスタート! ワールドプレミアに向けてカウントダウンが始まったぞ
Webモーターマガジン
サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
THE EV TIMES
やっぱり速かったau TOMS! 前年王者が新方式となった予選を制す。シビック最上位は3番手のSTANLEY|スーパーGT開幕戦
やっぱり速かったau TOMS! 前年王者が新方式となった予選を制す。シビック最上位は3番手のSTANLEY|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「消滅した阪神高速」いよいよ「復活」へ!? 異例の「3年間通行止め」松原線の工事大詰め 大阪市内に新たな高架橋の建設開始
「消滅した阪神高速」いよいよ「復活」へ!? 異例の「3年間通行止め」松原線の工事大詰め 大阪市内に新たな高架橋の建設開始
くるまのニュース
ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加
ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加
レスポンス
ハミルトン、2024年のメルセデスW15に実は好印象を持っている?「このクルマは素晴らしいよ。まだ、最大限の性能を発揮できていないだけ」
ハミルトン、2024年のメルセデスW15に実は好印象を持っている?「このクルマは素晴らしいよ。まだ、最大限の性能を発揮できていないだけ」
motorsport.com 日本版
カーメイト、新ウェットシート&ガラスクリーナー発売
カーメイト、新ウェットシート&ガラスクリーナー発売
レスポンス
あぶくま高原道路「終点の大ループ」からさらに延伸!「県道9kmバイパス」が13日開通
あぶくま高原道路「終点の大ループ」からさらに延伸!「県道9kmバイパス」が13日開通
乗りものニュース
6速MTオンリー! トヨタ“新”「FRスポーツカー」発売! 超スポーティな専用アイテム搭載した「カップカーベーシック」登場
6速MTオンリー! トヨタ“新”「FRスポーツカー」発売! 超スポーティな専用アイテム搭載した「カップカーベーシック」登場
くるまのニュース
【2024年GT500をイチから学ぶ】注目のホンダ・シビック、車高とタイヤのルール変更、ドライバー移籍で勢力図激変か
【2024年GT500をイチから学ぶ】注目のホンダ・シビック、車高とタイヤのルール変更、ドライバー移籍で勢力図激変か
AUTOSPORT web
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
Auto Messe Web
GT500は36号車au TOMS、GT300は65号車LEONがポール獲得!|スーパーGT開幕戦岡山:公式予選タイム結果
GT500は36号車au TOMS、GT300は65号車LEONがポール獲得!|スーパーGT開幕戦岡山:公式予選タイム結果
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村