現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレン、570Sベースの「LT」を2018年内に 発表はパリか

ここから本文です

マクラーレン、570Sベースの「LT」を2018年内に 発表はパリか

掲載 更新
マクラーレン、570Sベースの「LT」を2018年内に 発表はパリか

マクラーレン570Sの「LT」版

マクラーレンは570Sの「LT」モデルをことし終わりに公開すると明言した。9月のパリ・モーターショーあたりには、情報をつかめるのではないかとAUTOCARは見ている。

新型ヴェルファイア(マイチェンV6)試乗 30系後期 アルファードHV車も

開発はほとんど最終段階にあると考えられが、新車投入のスケジュールが詰まっているゆえ投入時期を慎重に検討していることも伺える。

675LTが存在するかぎり、最高出力は600ps前後となるはずで、軽量化やエアロダイナミクスの向上などが、570Sと差別化される部分だろう。

そもそも570Sは、入門カテゴリーである「スポーツ・シリーズ」に属するため、650Sと675LTほどの価格差にはならないはずだ。ちなみに650Sと675LTの価格差は6万5000ポンド(953万円)以上。110ものコンポーネントが専用品になったり、軽量化のために排除されたりした。

570Sの14万9000ポンド(2186万円)という英国価格を考慮した結果、予想価格は20万ポンド(2934万円)というのがAUTOCARの見立て。

軽量のカーボンパーツを追加でき、防音材は省略されるほか、エグゾーストはチタン製に、ホイールも軽いものとなるはずで、くわえてガラスが薄くなる(リアはアクリル樹脂か)こともかんたんに想像がつく。

サーキットよりも公道より

675LTと大きくことなるポイントは、650SベースのLTがサーキットというよりも公道での使用にフォーカスしている点だろう。「サーキットでも実力を発揮できるが、公道でもパーフェクトに使える」といった謳いかたをするのではないだろうか。

加速や最高速度は大きく変わることはないだろうが、ダウンフォースの強化などでサーキットのラップタイムは短縮されるはずだ。

675LTは500台が作られ、あっという間に完売。追加で500台のスパイダーが投入された。570SのLT版に関する生産台数は、まだ何も明かされていない。

こんな記事も読まれています

富士スピードウェイのサーキット内にキャンプ場「RECAMP 富士スピードウェイ」が2024年秋オープン!
富士スピードウェイのサーキット内にキャンプ場「RECAMP 富士スピードウェイ」が2024年秋オープン!
バイクブロス
【MotoGP】昨年ワンツーフィニッシュでも期待しすぎは厳禁! ビニャーレス、カタルニアGPに向け「賢くあるべき」
【MotoGP】昨年ワンツーフィニッシュでも期待しすぎは厳禁! ビニャーレス、カタルニアGPに向け「賢くあるべき」
motorsport.com 日本版
都心で突然の交通規制に巻き込まれたら……。信号機と警察官、どっちの指示に従えばいい?
都心で突然の交通規制に巻き込まれたら……。信号機と警察官、どっちの指示に従えばいい?
くるくら
『eキャンター』がベース、ダイムラー・トラックの新ブランドがEVトラックを米国発表
『eキャンター』がベース、ダイムラー・トラックの新ブランドがEVトラックを米国発表
レスポンス
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税”高くなる? 軽自動車は20%加算も!? 理不尽な重課措置に「車持ってるだけで罰金だ!」「国民イジメ!」の声
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税”高くなる? 軽自動車は20%加算も!? 理不尽な重課措置に「車持ってるだけで罰金だ!」「国民イジメ!」の声
くるまのニュース
ヘッドライトがよみがえる! これ1本で黄ばみ・くすみをクリアにする「ウルトライト」
ヘッドライトがよみがえる! これ1本で黄ばみ・くすみをクリアにする「ウルトライト」
月刊自家用車WEB
名車はここから生まれる!? [大成功]の流れを止めない! 2024年もジャパンモビリティショー開催へ
名車はここから生まれる!? [大成功]の流れを止めない! 2024年もジャパンモビリティショー開催へ
ベストカーWeb
【あなただけのLBXを】 レクサスが期間限定ポップアップエキジビジョン 「LBXラウンジ」
【あなただけのLBXを】 レクサスが期間限定ポップアップエキジビジョン 「LBXラウンジ」
AUTOCAR JAPAN
〈人テク展2024横浜〉三菱ケミカルのブースで折り紙が相撲 部品に貼るだけの制振シートを開発
〈人テク展2024横浜〉三菱ケミカルのブースで折り紙が相撲 部品に貼るだけの制振シートを開発
日刊自動車新聞
システム最高出力800ps──ランボルギーニ初となるPHEVスーパーSUV「ウルスSE」が日本上陸|Lamborghini
システム最高出力800ps──ランボルギーニ初となるPHEVスーパーSUV「ウルスSE」が日本上陸|Lamborghini
OPENERS
SHADの40%拡張可能なサイドケース「SH38X サイドケース」2モデルがカスタムジャパンから発売!
SHADの40%拡張可能なサイドケース「SH38X サイドケース」2モデルがカスタムジャパンから発売!
バイクブロス
マツダの至宝「ロータリーエンジン」 自動車マニアではない一般人に魅力をどう伝えるべきなのか? 元ディーラーが考える
マツダの至宝「ロータリーエンジン」 自動車マニアではない一般人に魅力をどう伝えるべきなのか? 元ディーラーが考える
Merkmal
メルセデスAMG、「ミトス」ブランド最初のスピードスター発表…限定250台生産へ
メルセデスAMG、「ミトス」ブランド最初のスピードスター発表…限定250台生産へ
レスポンス
マツダ スクラムトラックを一部改良 快適装備を全車標準に
マツダ スクラムトラックを一部改良 快適装備を全車標準に
Auto Prove
ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
レスポンス
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
くるまのニュース
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
バイクのニュース
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

4353.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2830.03260.0万円

中古車を検索
675LTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

4353.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2830.03260.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村