現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『ホンダNSX(JGTC GT500/2001年)』同士討ちとトラブルで連覇を逃した年間最多勝車【忘れがたき銘車たち】

ここから本文です

『ホンダNSX(JGTC GT500/2001年)』同士討ちとトラブルで連覇を逃した年間最多勝車【忘れがたき銘車たち】

掲載 1
『ホンダNSX(JGTC GT500/2001年)』同士討ちとトラブルで連覇を逃した年間最多勝車【忘れがたき銘車たち】

 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racing on』では、記憶に残る数々の名レーシングカー、ドライバーなどを紹介していきます。今回のテーマは、2001年に全日本GT選手権のGT500クラスを戦った『ホンダNSX』です。

* * * * * *

『ホンダNSX(1999年編)』いまだタイトルには手が届かない“最速”ミッドシップ【忘れがたき銘車たち】

 1997年から全日本GT選手権(JGTC)への本格参戦を開始し、4シーズン目となる2000年には念願の初タイトルを獲得した『ホンダNSX』。そんな『NSX』は連覇の期待がかかった翌2001年に向けて、大幅改良を施した2000年型をベースに、さらに改良を加えたニューモデルをレースへと送り込んだ。

 2001年は車両規定が大きく変わらず、『NSX』は前述の通り2000年にマシンを大きく進化させていたため、2001年モデルはその2000年型の最終仕様をベースにエンジン、足まわり、ギヤボックスに手を加えたアップデート版といったスペックの車両だった。

 しかし、この年、前年型まで40mm、ルーフ上に突き出ていたエアインテークが禁止となり、ルーフと同じ高さのものに変更を余儀なくされた。これは2000年型まで使用していた無限製のエアインテークが、ホンダ製の市販車両オプションではなく“基本車両の状態の維持”という規定に触れるとされたためだった。

 これによって対策は施したもののエンジンのパフォーマンスが大幅に落ちてしまった『NSX』だったが、2001年シーズンのTIサーキット英田で行われた開幕戦では、マシンバランスのよさを活かして道上龍/光貞秀俊組のロックタイト無限と土屋圭市/金石勝智組のARTAが1-2フィニッシュを達成し、幸先のいいスタートを切った。

 しかし、第2戦の富士スピードウェイではトヨタ・スープラに、第3戦スポーツランドSUGOでも終盤までARTAがトップを走りながら、最終的にはまたもスープラ勢に勝利を奪われてしまうなど、劣勢が続いた。

 そこでホンダ陣営は第4戦富士から新型エンジンを投入。2本出しだったエキゾーストを1本出しに改めるなどして、失ったエンジンパワーを取り戻すことに力を注いでいた。すると第5戦ツインリンクもてぎではドミニク・シュワガーと松田次生が駆るMobil 1が開幕戦以来の優勝をNSX勢にもたらし、続く第6戦鈴鹿サーキットではARTAがシーズン初勝利を飾るなど『NSX』は2連勝を達成した。

 そしてMINEサーキットで開催された最終戦。このレースでNSX勢ではロックタイト無限とARTAが同ポイントでタイトルの可能性を残していた。決勝レースがスタートするとランキングトップだったauセルモスープラが接触で順位を落とし、さらにトラブルにも見舞われてしまう。これで俄然NSX勢2連覇の可能性が高まった。

 しかし、ARTAがロックタイト無限との同士討ちによってリタイア。生き残ったロックタイト無限もトラブルで順位を落としてノーポイントに終わり、『NSX』は可能性がありながらもチャンピオンを逃してしまった。

 2連覇という最大のチャンスを逸した『NSX』は、2002年以降もなかなか王座に手が届かない苦しい戦いを強いられることになっていく。

こんな記事も読まれています

横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
motorsport.com 日本版
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
motorsport.com 日本版
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
motorsport.com 日本版
“ユニークなコース”で初日4番手の8号車トヨタ平川亮「FP2で感触が格段に良くなった」/WEC第2戦
“ユニークなコース”で初日4番手の8号車トヨタ平川亮「FP2で感触が格段に良くなった」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
トヨタが「4Runner」の2025年モデルを発表! 2024年秋に米国に導入
トヨタが「4Runner」の2025年モデルを発表! 2024年秋に米国に導入
バイクのニュース
名前変われど揺るがぬ「隠れ指標」の2ドアクーペ メルセデス・ベンツCLEクーペをテスト
名前変われど揺るがぬ「隠れ指標」の2ドアクーペ メルセデス・ベンツCLEクーペをテスト
AUTOCAR JAPAN
[マツダ新型CX-80内装解説]アルファード超え期待したけど……2列目シート豪華さ足りず!? 走りはイイらしいけど内装デザインもCX-60とほぼ一緒の残念
[マツダ新型CX-80内装解説]アルファード超え期待したけど……2列目シート豪華さ足りず!? 走りはイイらしいけど内装デザインもCX-60とほぼ一緒の残念
ベストカーWeb
なんちゃってセレブが「2024 F1日本グランプリ」で「アルピーヌF1チーム」に潜入! レース終了直後のヘリは大渋滞!?
なんちゃってセレブが「2024 F1日本グランプリ」で「アルピーヌF1チーム」に潜入! レース終了直後のヘリは大渋滞!?
Auto Messe Web

みんなのコメント

1件
  • 高橋祐介
    最終戦の無限とARTAの戦いは光貞が無理な突っ込みをしたから2台ともリタイヤに終わった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村