サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > モノを大切にする「旧車乗り」と支える「メーカー」がなぜ悪い! 13年での「重課税」という日本の愚策

ここから本文です

熟成された海外事情、そこへ向き始めた日本企業、それを阻む「税金問題」

 ここ最近、いわゆる「旧車ブーム」だが、中でも人気なのがバブル時代前後に登場したクルマたちである。ところでいつから「旧車」扱いになるのだろうか。モデルチェンジしたら? 一定期間が過ぎたら? そうだとして、その「一定期間」とはどのくらい? 今回はこの辺りを探りつつ、国内外の旧車に対するレストア事情や、旧車好きにとって恐らく一番の壁になる「税金問題」に関してクローズアップしていきます。

42年で「110万km走行」でも問題なし! メルセデス・ベンツの「衝撃オーナー」を直撃した

旧車の定義と旧車に対する海外の姿勢とは

 旧車の条件は明確ではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ