現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱自動車、「ミニキャブEV」12月21日発売 航続距離を35%増の180kmへ 243万円から

ここから本文です
三菱自動車、「ミニキャブEV」12月21日発売 航続距離を35%増の180kmへ 243万円から
写真を全て見る(1枚)

 三菱自動車は24日、商用の軽電気自動車(EV)、「ミニキャブEV」を12月21日に発売すると発表した。車名変更とともに、電池やモーター、インバーターの刷新で航続距離を現行モデル比35%増の180キロメートル(WLTCモード)に延ばした。月販目標は500台を見込む。

 電池容量を現行比25%増の20キロワット時に増やした。駆動部品では、最大トルク195ニュートン・メートルの駆動モーターを採用し、荷物を積んだ状態の加速性能を上げたほか、インバーターと一体化して静粛性も高めた。

激戦必至の商用軽EV、日本メーカーが続々と新型投入 中国勢も虎視眈々

 このほか、衝突被害軽減ブレーキや、誤発進抑制機能などの安全装備も初採用した。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
AUTOSPORT web
車を盗難から保護、高硬度合金採用のハンドルロックが登場---幅広い車種に対応
車を盗難から保護、高硬度合金採用のハンドルロックが登場---幅広い車種に対応
レスポンス
マジでギリギリラリー参戦!!   超高額自腹マシンで奮闘中!!    新井大輝が新型マシンで下剋上(参戦準備編)
マジでギリギリラリー参戦!!   超高額自腹マシンで奮闘中!!    新井大輝が新型マシンで下剋上(参戦準備編)
ベストカーWeb
「外環の2」いよいよ事業区間延伸 外環道の“地上道路”都内を貫く どこまで延びるのか?
「外環の2」いよいよ事業区間延伸 外環道の“地上道路”都内を貫く どこまで延びるのか?
乗りものニュース
22年ぶり復活に!? トヨタ新型「カムリ“ワゴン”」が超カッコイイ! 「FF最大・最上級セダン」をステーションワゴン化した「カムリグラシア」なCGとは
22年ぶり復活に!? トヨタ新型「カムリ“ワゴン”」が超カッコイイ! 「FF最大・最上級セダン」をステーションワゴン化した「カムリグラシア」なCGとは
くるまのニュース
『FIM E-XPLORER WORLD CUP』プロモーターが掲げる3つのコンセプトとは
『FIM E-XPLORER WORLD CUP』プロモーターが掲げる3つのコンセプトとは
バイクのニュース
スカイラインGTの集大成「スカイラインNISMO」とは…東京オートサロン2024
スカイラインGTの集大成「スカイラインNISMO」とは…東京オートサロン2024
レスポンス
幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力
幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力
ベストカーWeb
三菱「FTO」が30周年! ポルシェ「911」ティプトロと同じMTモード付きATが自慢のなつかしい1台です【カタログは語る】
三菱「FTO」が30周年! ポルシェ「911」ティプトロと同じMTモード付きATが自慢のなつかしい1台です【カタログは語る】
Auto Messe Web
フォルクスワーゲンがChatGPTの導入を発表! クルマへのAI搭載は「AIを知らない数十年前」から「自然なこと」として考えられていた
フォルクスワーゲンがChatGPTの導入を発表! クルマへのAI搭載は「AIを知らない数十年前」から「自然なこと」として考えられていた
WEB CARTOP
マクラーレンのプラグインハイブリッド車「アルトゥーラ」のオープントップモデルが登場
マクラーレンのプラグインハイブリッド車「アルトゥーラ」のオープントップモデルが登場
カー・アンド・ドライバー
BYDのSUV「ATTO3」が発売開始から1年で改良モデル登場! センターモニターが大型化&車内でカラオケも歌える!!!
BYDのSUV「ATTO3」が発売開始から1年で改良モデル登場! センターモニターが大型化&車内でカラオケも歌える!!!
ベストカーWeb
カラオケアプリと専用マイク
カラオケアプリと専用マイク
レスポンス
街で見かけるトヨタ「ジャパンタクシー」“自家用車”として購入可能!? 一般ドライバーが普通に使うにはハードルが高いワケ
街で見かけるトヨタ「ジャパンタクシー」“自家用車”として購入可能!? 一般ドライバーが普通に使うにはハードルが高いワケ
くるまのニュース
【正式結果】2024年F1第1戦バーレーンGP 予選
【正式結果】2024年F1第1戦バーレーンGP 予選
AUTOSPORT web
ポールスター初の電動SUV『3』、生産開始…航続610km
ポールスター初の電動SUV『3』、生産開始…航続610km
レスポンス
気軽に乗ったら違反になることも!?「電動モペット」の落とし穴とは
気軽に乗ったら違反になることも!?「電動モペット」の落とし穴とは
バイクのニュース
大型トラックの「謎の部屋」どんなトコ? 窓は見えるけど…内部はどうなってる? 実際の使い方とは
大型トラックの「謎の部屋」どんなトコ? 窓は見えるけど…内部はどうなってる? 実際の使い方とは
くるまのニュース

みんなのコメント

7件
  • mas********
    デザインは古いと言うが、これ以上のデザインがあるのかなあ?
    出来すぎたデザインだが。
  • rkf********
    EVの利点は認めているんだわ。
    ただ、欠点が多すぎるし致命的。
    現状、トヨタのHVが最も優秀だが、本格的な四駆はスペース的に難しくなる。

    ヨーロッパでは日本より寒い地域でもFRがぶっ飛ばしているが日本ではそうはいかない。

    EVが基本でも非常用(…というか、遠出どころか日常的に)にレシプロエンジンは必要。

    MAZDAのロータリー搭載はその辺がよくわかっていていい。
    色々制約はあるかもしれんが、2stエンジンが一番利にかなっている。

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村