サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランボルギーニの2021年まとめ 過去最高8405台を販売 トップはウルス

ここから本文です

ランボルギーニの2021年まとめ 過去最高8405台を販売 トップはウルス

SUVのウルス 5000台以上セールス

伊アウトモビリ・ランボルギーニの昨年のグローバル販売台数が、過去最高になったことが分かった。

【画像】公道用モデルだけじゃない、ランボのサーキット専用車【じっくり見る】 全65枚

8405台を記録し、売上高も2020年比で13%プラスになったという。

同社のステファン・ヴィンケルマンCEOは、「この記録で、当社は4つの点を再確認することができました。戦略計画の堅実性、ブランドの傑出した国際的評価、社員の高い能力・情熱、そしてこの困難で不透明な時期に変わらぬご支援とご尽力くださいました52か国173店におよぶディーラーの皆様のプロフェッショナリズムと力強さです」と分析する。

このうち戦略計画については、ターゲットを絞ってモニタリングを続けた成長ストラテジーが功を奏したとしている。

地域別に見ると、アメリカ(+14%)、アジア太平洋(+14%)、EMEA(欧州・中東・アフリカ:+12%)と、3つの地域すべてで2ケタ成長が見られたというから盤石だ。

販売台数の分布は順番に、35%、27%、39%という割合になっている。

国別で見ると、トップが米国(2472台:+11%)、2位が中国(935台:+55%)、3位がドイツ(706台:+16%)、4位が英国(564:+9%)と続く。

ランボルギーニの母国イタリアでも台数が伸びて359台(+3%)となった。

モデル別で見ると、スーパーSUV「ウルス」の好調が続き、5021台を販売。

次がV10モデルの「ウラカン」で、ウラカンSTOの勢いもあり2586台。V12モデルの「アヴェンタドール」は、798台を記録した。

新しい年に入っても販売見通しは明るく、好調な受注状況で2022年の生産計画はほぼ埋まっているという。

2023年 量産ハイブリッド投入

なお、ランボルギーニは今後12か月のうちに、4つの新モデルを発表することも明言した。

「大いなる変革期に臨む準備を整え、さらに持続可能性の高い未来へと歩みを進めていくにあたり、当社は今まで以上に力強くなっています。2022年は現在の業績の強化に全力を注ぎ、2023年以降のハイブリッドモデルの登場に備えたいと考えています」と話すヴィンケルマンCEO。

2021年には将来的な電動化戦略として「コル・タウリに向かって(Direzione Cor Tauri)」という名のロードマップを示した。

同社のサステナビリティ戦略に沿って、将来モデルとサンタアガタ・ボロネーゼの脱炭素化のために、4年間で15億ユーロを超える投資を行うという内容だ。

これによりランボルギーニは、2023年に最初の量産ハイブリッドモデルを市場投入し、2024年末までには全モデルの電動化を果たすとしている。

また、2025年以降のCO2排出量50%削減を目指し、2020年代後半には、完全電動モデルをラインナップに加えるとしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します