サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VWグループジャパン、「パサート」にPHV追加 半導体不足で2022年は50台供給 634万円から

ここから本文です
 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ、マティアス・シェーパース社長、愛知県豊橋市)は、「フォルクスワーゲン」ブランドの「パサート」にプラグインハイブリッド車(PHV)「パサートGTEヴァリアント」を設定して発売した。半導体不足などの影響を受け、年内の供給台数は約50台。これを超えた受注は、23年以降の出荷になる。

 パワートレーンは排気量1.4リットルのガソリンエンジンに、最高出力85キロワット、最大トルク330ニュートンメートルのモーターを組み合わせた。

おすすめのニュース

サイトトップへ