サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則194】メルセデス・ベンツ RクラスはミニバンでもSUVでもない、新しいラグジュアリーカーだった

ここから本文です
2005年にデビューし「3列シートのSクラス」、「まったく新しいカテゴリーのラグジュアリーモデル」と注目されたルセデス・ベンツ Rクラスが、2006年4月に日本上陸を果たしている。その出来映えはどうだったのか。上陸間もなく福岡で行われた国内試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2006年6月号より)

「クーペワゴン」とでも呼びたいスタイリング
MLは2世代目だし、その上をいく3列7シーターのGLも、ブランニューモデルとはいえSUVというセグメントで括れるから、比較的その立ち位置はわかりやすい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン