サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 雨の多い梅雨、洗車をするのは意味がある? クルマへのダメージを最小限にするには

ここから本文です

■梅雨シーズンに洗車をする意味はある?

 梅雨の時期は、洗車をしてもすぐに雨に降られてしまいます。これを理由に、洗車の頻度を減らすドライバーも少なくありません。しかし、雨が降り続く季節だからこそ、洗車をすることが大切だといいます。いったいなぜなのでしょうか。

ヘッドライトなぜ黄ばむ? 見た目が古臭くなる黄ばみ・曇りの対処方法とは

 梅雨にあたる6月から7月にかけての時期は、クルマが過酷な環境に晒される時期でもあります。具体的には、雨による「酸化共鳴」で、これによりクルマは想像以上のダメージを受けてしまいます。

「酸化共鳴」とは、放置された汚れが酸化することで、塗装面も同様にダブルで酸化し、一体化した状態です。

おすすめのニュース

サイトトップへ