現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2024年F1第4戦日本GP予選トップ10ドライバーコメント(1)

ここから本文です

2024年F1第4戦日本GP予選トップ10ドライバーコメント(1)

掲載
2024年F1第4戦日本GP予選トップ10ドライバーコメント(1)

 2024年F1第4戦日本GPの予選が行われ、6~10番手のドライバーが土曜日を振り返った。6~10番手のドライバーはオスカー・ピアストリ(マクラーレン)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、角田裕毅(RB)だ。

■角田裕毅(ビザ・キャッシュアップRBフォーミュラ1チーム)
予選 10番手
 オーストラリアで強力なパフォーマンスを発揮した後だけに、今週末、少しプレッシャーを感じていました。でも、それは良いプレッシャーだと言えます。家族や友人たち、母国のファンの前でQ3に進出することができて、とてもうれしいです。

【角田裕毅F1第4戦展望】責任感にも似たプレッシャーを感じた予選。Q3進出を果たすもシケインでのミスを悔やむ

 予選自体は予想よりも簡単ではありませんでした。でも全体的にチーム全員で素晴らしい仕事をしました。

 ベストのパフォーマンスを引き出すため、マシンとセットアップを最大限に活用する方法を学んでいるところです。サーキットにいるエンジニアやメカニックたち、ファクトリーのスタッフなど、チームの全員の助けがなければ、僕はこの結果を達成することはできなかったでしょう。彼ら全員に心から感謝しています。

 ダニエル(・リカルド)も素晴らしい仕事をしましたし、間違いなくポイントを獲得できる可能性があります。1ポイントよりも多くのポイントをつかめるかもしれないので、ベストを尽くします。

 最初のステップが完了しました。次のステップは、明日のレースでトップ10に入ることです。僕はここ(日本GP)ではまだ入賞を達成したことがありませんが、すべてをうまくまとめて、完璧なレースをすることを目指します。

■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
予選 9番手
 僕たちとマクラーレン、フェラーリ、そしてアストンマーティンはとても僅差だ。FP3が終わった時点で、このグループ全体のタイム差はわずかコンマ1秒か2秒になると分かった。実際にそうだったね。もし素晴らしいラップを残せなければ9番手になることになり、それが今日の僕に起こったことだ。

 僕は最後のラップでミスをしてしまった。少し残念だけど、時にはそんなこともある。ここはオーバーテイクがどこよりも難しいというわけではないから、明日はタイヤのデグラデーションや戦略の違いを利用して前に出たい。レースではいろいろなことが起こりうる。

 今シーズンの序盤は高速サーキットが続いている。僕たちのマシンの弱点がそこにあるのは知っているし、今週末もベストというわけにはいかないことは分かっていた。でも弱点が明らかになったということは、自分たちが構築しているプラットフォームを理解し、パフォーマンスを向上させることにつながるから、良いことだ。改善するための明確な方向性を定めることができるからね。

■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
予選 8番手
 今日の予選には満足していない。走っていてマシンのフィーリングはとても良かったけれど、ペースはなかった。データを見て実際に何が原因だったのか調査するつもりだ。

 今年の僕たちのマシンは、予選ペースよりも決勝ペースの方が少しだけ強い。ただ、このコースはオーバーテイクが非常に難しいから、良いスタートを決めて、どんなチャンスも生かし、順位を取り返して上位に浮上することを目指す。

(予選後にメディアに語り)予選8番手に終わった場合、ひとつのコーナーでミスがあったとか、セットアップが間違っていたなど、何らかの説明がつくものだ。でも今日はすべてが問題ないと感じた。バランスは完璧な状態からさほど離れていない。ラップを走り終えた時の感触では、「オーケー、すごく良いラップだった」と思うのだが、ボードを見ると、1秒遅いんだ。

 通常、こういうことが起きる場合には、タイヤとタイヤの温度を上げるやり方に目を向ける。今日はさまざまなことを試したけれど、うまくいかなかった。今のところ答えがない。

 予想していたよりも、ライバルとのギャップが大きい。マシン特性と鈴鹿との相性が、レッドブルほど良くないことが原因なのかもしれない。不思議だよ。僕たちのロングランはかなり良い。ただ、鈴鹿はオーバーテイクがかなり難しいからね。オーバーテイクできるだけのペースを発揮できるなら、素晴らしいレースになるだろうけど、難しいだろう。

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
予選 7番手
 全体的に予選はとてもいいセッションになった。今週末はこれまでのところ、マシンとそのバランスを改善できていると思う。走っている時の感触に、今年に入ってから一番満足できた。まだ改善が必要なところも明確に残っているけれど、正しい方向に進んでいる。

 6カ月前にここでレースをした時には1秒以上の差があったが、先頭とのギャップも、僕たちに一番近いライバルとのギャップも少しは縮めることができた。もちろんもっと上を目指していたし、7番手で満足することは決してないが、僕たちのマシンがまだ発展途上なのは分かっている。

 明日のレースはタイヤのデグラデーションがすべてになるだろう。ロングランのペースは金曜日だと他のマシンと同じような感じだったから、それが日曜日も変わらないのかを確認しよう。明日はかなり接戦になると思うので、さまざまな要素を最大限に生かして、多くのポイントを持ち帰りたい。

(走行後にメディアに語り)マシンの快適さという点では、今年のこれまでの週末と雲泥の差だ。マシンをスイートスポットに入れるためにどうすればいいか、理解しようとして、ファクトリーで分析を行い、皆が良い仕事をした。今週末はこれまでよりはるかにドライブしやすい。過去3年間で(2022年以降で)一番感触が良かった。

■オスカー・ピアストリ(マクラーレン・フォーミュラ1チーム)
予選 6番手
 予選は6番手だったけど、Q2からはちょっとうまくいかなかった。リズムをつかむことができなくてフラストレーションがたまったよ。今夜のうちにエンジニアと取り組まないといけないところがいくつかあるけど、かなりの接戦のようだ。明日は僕にとって改善とポイント獲得のいいチャンスになる。

こんな記事も読まれています

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
motorsport.com 日本版
アイコンたちが再会へ。ポルシェ ヘリテージ&ミュージアムが「ソリチュード・リバイバル」に登場
アイコンたちが再会へ。ポルシェ ヘリテージ&ミュージアムが「ソリチュード・リバイバル」に登場
LE VOLANT CARSMEET WEB
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
motorsport.com 日本版
“東北のトヨタ村”の願い「国道4号の4車線化」にメド 「冬がヤバイ」深刻ボトルネック解消なるか
“東北のトヨタ村”の願い「国道4号の4車線化」にメド 「冬がヤバイ」深刻ボトルネック解消なるか
乗りものニュース
松重豊さんと石橋貴明さんが語り尽くす! NISSAN ARIYA presents THE BATTERY をPodcastで
松重豊さんと石橋貴明さんが語り尽くす! NISSAN ARIYA presents THE BATTERY をPodcastで
月刊自家用車WEB
トンネルの「非常口」どこに繋がっているの? そもそもドアの開け方は? 通常は入れない「謎の施設」の内部とは
トンネルの「非常口」どこに繋がっているの? そもそもドアの開け方は? 通常は入れない「謎の施設」の内部とは
くるまのニュース
ホンダ新型「ヴェゼル」弟分の「WR-V」とは何が違う? 正常進化した“独自のハイブリッド”は静かで快適なのに走りが楽しい
ホンダ新型「ヴェゼル」弟分の「WR-V」とは何が違う? 正常進化した“独自のハイブリッド”は静かで快適なのに走りが楽しい
VAGUE
ゆったりorがっしり? ハンドルで変わる自転車の乗り心地
ゆったりorがっしり? ハンドルで変わる自転車の乗り心地
バイクのニュース
自然の中で過ごすと気分が良くなるのに、しないのはなぜ? ベントレー環境財団についてのお話
自然の中で過ごすと気分が良くなるのに、しないのはなぜ? ベントレー環境財団についてのお話
AUTOCAR JAPAN
アルピーヌF1代表、離脱の決まったオコンをガスリーと平等に扱うと明言「彼らは同じレベル、同じ地位にある」
アルピーヌF1代表、離脱の決まったオコンをガスリーと平等に扱うと明言「彼らは同じレベル、同じ地位にある」
AUTOSPORT web
世界一過酷な24時間レースが史上最短の7時間に…ニュルブルクリンクは今年も波乱の展開でした【Key’s note】
世界一過酷な24時間レースが史上最短の7時間に…ニュルブルクリンクは今年も波乱の展開でした【Key’s note】
Auto Messe Web
【トライアンフ】「2025年モデルの新色」を一気紹介!鮮やかな10色!  
【トライアンフ】「2025年モデルの新色」を一気紹介!鮮やかな10色!  
モーサイ
STD+約19万円はお買い得!? ヤマハ新型MT-09の「SP」が7月に発売! オーリンズ製リヤサス、専用電子制御などを採用
STD+約19万円はお買い得!? ヤマハ新型MT-09の「SP」が7月に発売! オーリンズ製リヤサス、専用電子制御などを採用
モーサイ
【意外と快適?! やっぱり不便?!】5速MTの軽トラ「スズキ・スーパーキャリイ Xリミテッド」をトランポ&ファミリーカーに使ってみた
【意外と快適?! やっぱり不便?!】5速MTの軽トラ「スズキ・スーパーキャリイ Xリミテッド」をトランポ&ファミリーカーに使ってみた
WEBヤングマシン
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する
motorsport.com 日本版
記録に特化したベーシックタイプのバイク専用ドラレコ「Mio MiVue M802WD」がデイトナから6月下旬発売!
記録に特化したベーシックタイプのバイク専用ドラレコ「Mio MiVue M802WD」がデイトナから6月下旬発売!
バイクブロス
ホンダが新型「軽バン」発表! 充電一回で「245km」走れる「すごい電気自動車」10月発売! 普及に向けて「新会社」も設立へ!
ホンダが新型「軽バン」発表! 充電一回で「245km」走れる「すごい電気自動車」10月発売! 普及に向けて「新会社」も設立へ!
くるまのニュース
F1カナダGPでの進歩を喜ぶも「勝てたかもしれないという気持ちを忘れることはできない」とメルセデスのTDアリソン
F1カナダGPでの進歩を喜ぶも「勝てたかもしれないという気持ちを忘れることはできない」とメルセデスのTDアリソン
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村