サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヴァレオと群馬大学:日本初の48V EV 4WDの軽トラックを共同制作

ここから本文です
ヴァレオジャパンと群馬大学「次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)」は、日本初の48ボルト四輪駆動電気自動車の軽トラックのテストカーを共同で制作した。

 大気中の温室効果ガスの増加が地球規模で懸念される中で、車両からのCO2排出量の削減は自動車業界が直面している大きな課題の一つである。厳しさを増すCO2排出量の規制に対応するために、自動車メーカー各社は電動化に取り組まざるを得なくなっている。 高電圧のシステムより廉価に電動化を可能にする48Vシステムは欧州・中国で導入が始まっており、日本でも注目を集めつつある。

おすすめのニュース

サイトトップへ