現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ

ここから本文です

新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ

掲載 23
新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ

 2024年3月に登場した、11代目となる新型ホンダ アコード。一時期はクラウンのようにSUV化するのではないか? という意見も見られたが、新型もセダンで勝負を仕掛けてきた! レクサス ESを意識した作りになっているが、その実力はいかに?

※本稿は2024年3月のものです
文/ベストカー編集部、写真/平野 学、HONDA
初出:『ベストカー』2024年4月26日号

新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ

■11代目アコードは高級4ドアサルーンのど真ん中!

2024年3月登場の11代目ホンダ アコード。試乗はヘビーウエットだったが、ロードホールディングに優れ、安心感の高いドライビングが味わえた。乗り心地もしなやかで快適だ

 結論から言ってしまえば、新型アコード、メチャメチャいいクルマに仕上がっています。

 いわゆるアッパーミドルクラスの4ドアサルーンとしてまったく不足のない後席居住性とトランク容量を確保しながら、スタイリッシュなラウンドルーフラインのクーペルックを作り出している。パッと見た時の佇まいも高級サルーンと呼ぶにふさわしい。

 乗って走ってどうかというと、これまた不満なし。足がしなやかに動いて路面の微小な凹凸をきれいにいなす。だからと言ってソフトで締まりがないというのではなく、箱根の山道を走っても気持ちいい。操舵に対しスッとクルマが反応して全長5m級の大きさを感じさせない身のこなし。

 サイズ的にも立ち位置的にもレクサス ES300hがガチンコライバルなんだけど、スッキリした乗り味という意味ではアコードのほうがESを上回る印象だ。これは184ps/34.2kgmのモーターで走るe:HEVの特性も大きく寄与しているのだろう。

■新型アコードがセダン復興の狼煙をあげる!

2L直4エンジンは最新の直噴。2つのモーターは並行軸とすることでドラバリが向上した

 タウンスピードではモーター駆動で走るe:HEVはアクセルに対するレスポンスに優れ、パンッと34.2kgmの最大トルクが立ち上がるのだが、このトルクカーブの制御が絶妙なので、まるで3.2L級のNAエンジンに乗っているような感覚を味わえるのだ。速度の上昇とリンクしてエンジン回転が盛り上がるのも心地いい。

 アコードの価格は約545万円。BMW 318iスタンダードがプラス30万円で買える。3シリーズの操縦性は大きな魅力だが、後席の広さや装備の充実度ではアコードが勝る。車体サイズ的にはベンツEクラスやBMW5シリーズ級なんだけど、さすがに350万円も高いと比較の俎上に乗らないだろう。

 新型アコードはADASも進化して、高速道路での車線変更支援機能などより高度な運転支援を盛り込んだホンダセンシング360を搭載する。セダンマーケットが縮小する国内市場に一石を投じるかも?

[articlelink]

■アコード&オデッセイはホンダ国内市場500万円級の高級車

2024年現在、ホンダ国内ラインナップで500万円級を担うアコードとオデッセイ

 2021年頃からホンダは国内販売車種ラインナップの整理、再構築に取り組んでいる。高級セダンとして君臨したレジェンドを廃止し、NSXも生産を終了。ミッドサイズではシビックセダンやインサイトを廃止した。

 いったんはオデッセイも国内生産の終了に合わせて販売も終了していたが、2023年末より中国生産で国内販売を再開した。

 現在ホンダ国内ラインナップで500万円級の高級車はアコードとオデッセイの2車が担っている。

●新型ホンダ アコードのポイント
・先代型に比べて全長を75mm延長したことでより伸びやかなフォルムとなった
・e:HEVは2L直噴エンジンを採用。2つのモーターは並行軸化されドライバビリティ向上
・回生制動力を調整する減速セレクターは6段階となり、より使い勝手向上
・ホンダセンシング360搭載

●新型ホンダ アコード 主要諸元
・全長:4975mm
・全幅:1860mm
・全高:1450mm
・ホイールベース:2830mm
・最低地上高:135mm
・最小回転半径:5.7m
・車両重量:1580kg
・エンジン:直列4気筒DOHCハイブリッド
・総排気量:1993cc
・最高出力:147ps/6100rpm
・最大トルク:18.6kgm/4500rpm
・モーター出力:184ps/34.2kgm
・WLTCモード燃費:23.8km/L
・Fサスペンション:ストラット
・Rサスペンション:マルチリンク
・タイヤサイズ:235/45R19
・車両価格:544万9400円

こんな記事も読まれています

なぜホンダは日本で売らないのか? [インスパイア]PHEVは乗り味滑らかなFFサルーンに仕上がっているのに!!!
なぜホンダは日本で売らないのか? [インスパイア]PHEVは乗り味滑らかなFFサルーンに仕上がっているのに!!!
ベストカーWeb
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック
ベストカーWeb
トヨタのサルーンらしい乗り味はかなり上質……イケメンな新型[カムリ]に試乗してわかった「日本導入すべきワケ」 
トヨタのサルーンらしい乗り味はかなり上質……イケメンな新型[カムリ]に試乗してわかった「日本導入すべきワケ」 
ベストカーWeb
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
ベストカーWeb
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
ベストカーWeb
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
ベストカーWeb
日産はなぜ日本で出さない? 早く乗りたいVCターボ!! 中国仕様[パスファインダー]試乗したらスゴかった
日産はなぜ日本で出さない? 早く乗りたいVCターボ!! 中国仕様[パスファインダー]試乗したらスゴかった
ベストカーWeb
アルファードとの628万円の価格差はどこにある? レクサスLM開発者に6座仕様「バージョン L」の「推しポイント」を聞いてみた!
アルファードとの628万円の価格差はどこにある? レクサスLM開発者に6座仕様「バージョン L」の「推しポイント」を聞いてみた!
ベストカーWeb
ホンダの[英断]がマジで凄い!! [SUV販売トップ]のヤリスクロス超えなるか? 300万円以下コンパクトSUVを徹底比較
ホンダの[英断]がマジで凄い!! [SUV販売トップ]のヤリスクロス超えなるか? 300万円以下コンパクトSUVを徹底比較
ベストカーWeb
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
ベストカーWeb
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
ベストカーWeb
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの実力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの実力
@DIME
旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]
旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]
ベストカーWeb
【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した
【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した
Webモーターマガジン
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】新しいプレミアムSUVスタイルを提案したスカイラインクロスオーバー!
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】新しいプレミアムSUVスタイルを提案したスカイラインクロスオーバー!
ベストカーWeb

みんなのコメント

23件
  • la_********
    走りはいいかもしれない
    ただダサい
  • shimura ushiro
    今日たまたま走ってるのを見た。
    昔のアメ車かと思うほど間延びしたデザイン。
    まぁ、だからアメリカで良く売れるのでしょうが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

544.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0468.0万円

中古車を検索
アコードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

544.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0468.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村