サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これが最後のロータリースポーツか…マツダの至宝RX-8の中古車相場は

ここから本文です

これが最後のロータリースポーツか…マツダの至宝RX-8の中古車相場は

 マツダはガソリン車と内燃機関にこだわりを持ち続けてきたメーカーだ。

 近年でも「圧縮着火(SPCCI)」による燃焼でリーンバーンを可能として、少ない燃料で高効率な燃料を実現したスカイアクティブXを市販車に搭載するなど、内燃機関の可能性を追求してきた。

スバルXVの一人勝ち!? ホンダやマツダがXVのライバルを作らないワケ

 そのマツダの内燃機関において触れなければならないのがロータリーエンジンだ。本稿では、そんなマツダの至宝ともいえるロータリーエンジン搭載のスポーツカー、RX-8についての企画です。

 2030年には新車として純ガソリン車の販売ができなくなるかもしれない。そんな状況ではロータリーエンジンを搭載した新型車の開発、発売は望むべくもない。そう考えると、RX-8は「最後のロータリースポーツカー」となるかも…。逝きし世の面影を偲びつつ、RX-8の紹介と中古車事情の調査結果をお送りします。

文/萩原文博 写真/ベストカーWeb編集部、MAZDA

【画像ギャラリー】4人乗りのロータリースポーツカー「RX-8」を写真で見る

■20年の月日を超えて「夢のエンジン」が復活

 小型・軽量・高い静粛性かつ高出力を特長とするロータリーエンジンは、1960年代には「夢のエンジン」と呼ばれ、多くの自動車メーカーが注目していた。

 しかし大量市販化に成功したのは世界でマツダだけであり、その過酷な開発は山本健一郎氏率いる「ロータリー四十七士」としてたびたびメディアにも取り上げられた。

 そのロータリーエンジンを搭載したスポーツカーも、時代とともに厳しくなる環境規制に適合することが難しくなり、2012年にいったん幕を閉じた。

ロータリーエンジンを搭載した最後のモデル RX-8

RX-8 内装

 しかし、マツダのアイコンでもあるロータリーの灯は決して消えていなかった。2013年11月に発表されたデミオEVはトランクスペースの下に発電用のロータリーエンジンのレンジエクステンダーを搭載。従来のEVの走行距離の倍となる航続走行距離を達成したのである。

 そして2022年。マイルドハイブリッド、EVと異なるパワートレインを搭載するMX-30にロータリーエンジンをレンジエクステンダーとして搭載するモデルが発売されるという情報もある。

 まさに20年の月日を超えてマツダのロータリーが復活する。そこで、ここではロータリーエンジンを搭載した最後のモデルであるRX-8の最新の中古車事情に迫ってみる。

■2003年にフリースタイルドアのRX-8登場

 「フリースタイルドア」と呼ばれる観音式ドアを採用した4シーター4ドアクーペのRX-8は、2003年に登場した。搭載される2ローターエンジンは「RENESIS RE」と呼ばれる新開発のエンジンで、RX-7のシーケンシャルツインターボから自然吸気へと変更された。

 排気ポートを市販ロータリーエンジン初となるサイド排気ポートを採用。従来のロータリーエンジンと比べて低速トルクそして燃費性能も向上した。

 デビュー当初はタイプS用の6ポートと4ポートの2種類のエンジンを設定。6速MT車のみのタイプSは最高出力250ps、タイプE、標準車は最高出力210psを発生する。

 エンジンをフロントミッドシップに搭載し、前後の重量バランス50:50を実現。さらにエンジンの搭載位置を低くし、重心高を低くしたことで旋回性能が向上している。

 2008年3月にマイナーチェンジを行い、内外装を変更。

2008年3月にマイナーチェンジ。内外装を変更

前期型のトラブルが改善し、エンジンに改良が加えられた

 また、搭載する2ローターエンジンは6ポートエンジンに統一され、最高出力は235psと下がったものの中低速のトルク向上が図られ扱いやすくなっている。また、前期型で多く発生したエンジン内にカーボンが蓄積する現象も改善された。

 組み合わされる6速MTがアイシン製からマツダ内製へと変更され耐久性が向上。4速ATは6速ATへと変更された。そしてサスペンションジオメトリーも変更され、走行安定性と旋回性能に磨きが掛かっている。

■RX-8の中古車はAT車が多く流通している

 2012年の生産終了から約10年が経過したRX-8の中古車の流通台数は現在、約355台。3カ月前の2020年12月の時点では約400台を超えていて、2021年2月に中旬から一気に減少傾向が始まった。

 平均価格の推移を見てみると、3カ月前は約70万円だったが、現在は約83万円まで上昇。先月からわずか1カ月で約7万円の値上がりとなっており、まだ現在進行形だ。

 中古車の平均走行距離は約7.5万kmで価格帯は約18万~約350万円と非常に幅広くなっている。年式による中古車の分布を見てみると、やはり最も多いのがデビューイヤーの2003年の約63台。続いて20004年の約60台と続き、年を追う事に流通台数は減少していく。

 ただ生産終了年の2012年は2011年11月に発表されたファイナルモデルである限定2000台の「スピリットR」による影響で約32台と多めだが、中古車は圧倒的に前期型が多い。

RX-8スピリットR 2000台限定のファイナルモデル

RX-8スピリットR シート

 中古車のグレード構成を見てみるとMT車のみのタイプSが最も多く約127台。次いで多いのがタイプEのAT車で約50台。そしてベースモデルの約43台となっている。

 2008年のマイナーチェンジで設定された最上級グレードのタイプRSは約18台、ファイナルモデルのスピリットRは約22台。そして2007年にロータリー40周年を記念して設定された特別仕様車も2台流通している。

 MT車はほとんどがタイプSとなっており、意外なようだがAT車の中古車が多く流通している。

■RX-8は爽快な加速で運転する楽しさを味わえるクルマ!

 個人的には、エンジンに改良が加えられたマイナーチェンジ後のモデルを狙いたい。

 前期型のトラブルが改善されているし、これから乗るのであればコンディションの良いクルマが多いからだ。

 実際RX-8をドライブしたことはあるが、あのモーターのような軽快な加速フィールはレシプロエンジンとは全く異質のもの。一度体験してしまうと、取り付かれてしまう魅力がある。

 そしてサスペンションが変更された後期型はウェットな路面でも路面追従性が高く、運転する楽しさを味わえる。とはいえ、すでに流通台数の減少そして中古車相場の上昇は始まっている。そうノンビリと構えている時間は残されていないのが現状だ。

【画像ギャラリー】4人乗りのロータリースポーツカー「RX-8」を写真で見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します