サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レーシングドライバーが太鼓判! メーカー主催の「雪道レッスン」が「想像の斜め上」を行く内容だった

ここから本文です

 日常のなかでクルマの限界を知ることは難しい

 雪道では「急」のつく操作は厳禁だ。しかし、モータスポーツシーンでは、そんなこと言っていたら勝てない。クルマのあらゆる機能をドライバーが操作で引き出して速く走る。そのためには「どんな操作がどんな挙動を引き起こすか」を熟知しておく必要がある。

「アウト・イン・アウト」は過去のテクニック? レーシングドライバーが解説する本当の意味とイマドキの走り方とは

 しかし、現代はたとえ人里離れた山奥の田舎道でも、危険性をともなう走行は禁止されている。安全のためにも「急のつく運転をしてはいけない」と定義されているのだ。

「急のつく運転」とはどんな運転かというと、「急ブレーキ」「急アクセル」「急ハンドル」となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ