現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > TOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンクに帰ってきた! GR86とレクサスLCの2台が4時間耐久レースに参戦

ここから本文です

TOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンクに帰ってきた! GR86とレクサスLCの2台が4時間耐久レースに参戦

掲載
TOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンクに帰ってきた! GR86とレクサスLCの2台が4時間耐久レースに参戦

TOYOTA GAZOO Racingが3年ぶりにニュルへ帰ってきた

 2020年に突如世界にまん延した新型コロナウイルスの感染拡大防止策により、長らく日本からの渡航が叶わず、本来ならばもっと早くにニュルでGR86をお披露目する予定だったTOYOTA GAZOO Racing。ワクチン接種の普及や感染者数の低下により、徐々にドイツでの感染拡大防止措置の緩和が発表されたこともあり、やっとニュルへの参戦が叶ったのだった。

スバルもトヨタもこだわりすぎだろ! 見た目じゃわからない「GR86」と「BRZ」のマニアックな相違点とは

レクサスLCとGR86の2台体制で挑む

 レクサスLCは長らくニュルにおけるTOYOTA GAZOO Racingの顔となる1台。日本を代表するスーパーカーの一台としても有名だが、パワフルでスタイリッシュな大人のスポーツクーペであるレクサスLC500を、ヨーロッパではほぼ見かけることがない。そのため、こちらも久々のニュル登場とあってフォトジェニックな1枚として数多くの人が写真に収めていた。

 NLS(ニュル耐久シリーズ)は予選から決勝まで土曜日1日で完結する4時間耐久レースイベントなのだが、前日の金曜日には希望するチームのみ別料金を主催者に支払い、フリー走行が可能となる。午前中のグランプリコースのみの走行と午後のノルドシュライフェを含めた走行にTOYOTA GAZOO Racingもエントリーし、この日はじめて3年ぶりのニュルの感触を確かめた。

 おもにセットアップやマシンコンディションの確認作業が行われ、両フリー走行で慣らし程度に走行し、現場での調整作業を行ってこの日は終了となった。夏至を迎えたばかりのニュルの日没は22時前で、明るい夏のヨーロッパの夜空に思わず時間を忘れてしまう。

予選は前日の不安定な天候から一転し好天のもと行われた

 翌土曜日は午前8時半から1時間半に渡って予選が行われる。#345のSP-ProクラスのレクサスLCは石浦宏明、松井孝允と片岡龍也、#244のSP4クラスのGR86は、佐々木雅弘と片岡龍也(#345とダブルエントリー)がそれぞれドライブする。

 前日のフリー走行ではドライとウエットが交互に現れる不安定なニュルウェザーだったが、この日は朝から爽やかな晴天に恵まれた。5月26~29日に開催されたニュル24時間レース後最初のNLSとなったが、朝から大勢の観客がノルドシュライフェやグランプリコースへと足を運び、コロナ禍以前の賑わいを見せた。

 120台のエントリーとなった予選では、#345は総合34位、#244は94位で無事に通過。予選の後にはピットウォークが行われ、数多くのファンやチーム関係者がTOYOTA GAZOO Racingのピット前へ押し寄せ、3年ぶりに登場した“Made in Japan”のレーシングカーについて、旧モデルの86オーナーやファンがTOYOTA GAZOO Racingの関係者にマシンの仕様を伺うなど、かなりの注目を浴びていた。

 3年ぶりのニュルとあり、スタートグリッドに並ぶチームにはほんの少しの緊張も見えたが、この地でふたたびレースができる歓びと誇りに溢れていた。

決勝はマイナートラブルが発生するも安定してラップを刻む

 いよいよ午後12時、TOYOTA GAZOO Racingにとって3年ぶりのニュルでのレースがスタートした。綿密に組み立てられたレースプランに則り、着実に周回を重ねる2台。とくに片岡はダブルエントリーとあり、両車をドライブしながらその車両状況に気を配るという多忙な1日だったが、「久々にニュルをドライブし、このおっかなさと楽しさがたまらない」と、日本のレースにはないコンディションをエンジョイしていた。

 LCはピットストップを終えて走り出そうとした際、突如エンジンがストップするという突発的なトラブルも見受けられたものの、一旦ピットへ車両を入れ、点検をしたあとにまたすぐにコース復帰を果たし、ほっと胸をなでおろした。足まわりやエアロパーツを強化し、量販車へその技術を活かすための参戦というだけに、ニュルで表れたどんな小さなトラブルさえも、よりよいクルマ作りへの糧となるのだ。

 4時間耐久レースだが、もはや一瞬たりともペースダウンが許されないスプリントレースと化したNLS。#244のGR86は初戦を総合74位、SP4クラスでは1位を獲得。また、#345のレクサスLCは総合49位、SP-Proクラスの1位という結果に、両車とTOYOTA GAZOO Racingにとって幸先のよいニュル復活となったことは間違いないだろう。

新型GR86は現地のチームやファンからも大注目

 日本ではひと足早くスーパー耐久シリーズでデビューしているGR86だが、S耐用は1.4Lのターボエンジンが搭載されている。このニュルに初登場した#244のGR86は、パワフルな2.4Lの量販車エンジンをそのまま採用していることも注目すべき点のひとつである。

 そして『峠』と言っても過言ではないニュルでFRがどのように立ち回り、そして通用するのか、一般量販車ユーザーにも非常に興味深いのではないだろうか。現在ニュルでも活躍している旧型とはデザインも一新され、現地のレース関係者からもかなりの高評価を得ている。

 また、レース初心者やアマチュアドライバーからトッププロまで幅広い層が活躍するNLSでは、レーシングカーの安全性や操作性、そしてデザイン性にもかなり手厳から。それだけに、彼らに新型のGR86を購入してニュルを走ってみたい、レースに出てみたいと思わせるクルマ作りには、TOYOTA GAZOO Racingの並々ならぬ情熱や厳しい視点が十分に込められているに違いない。

 ドイツでは量販車のGR86のデリバリーはまだ始まっていない事もあり、ファンのたくさんの期待がこのTOYOTA GAZOO RacingのNLS初参戦には寄せられていたことは容易に想像ができる。

 両車ともに次に9月開催されるNLSの第6戦の12時間レース(6時間耐久レースx2戦)に参戦する予定で、まだ正式なエントリーリストは出ていないが、TOYOTA GAZOO Racingのプレスリリースを見る限り、レクサスLCには石浦宏明と松井孝允に加え、大嶋和也と蒲生尚弥、そしてGR86には片岡龍也、佐々木雅弘に加え山下健太と豊田章男社長の長男でウーブン・プラネット・ホールディングスのシニア・バイス・プレジデントを務め、スーパー耐久シリーズでは#28のORC ROOKIE GR86 CNF Conceptをドライブする豊田大輔も名を連ねる豪華なラインアップが期待できそうだ。

※文中敬称略

関連タグ

こんな記事も読まれています

トヨタ『ヤリス』次期型は2025年末登場か、ハンマーヘッド&新エンジン搭載でスポーティ感アップ!?
トヨタ『ヤリス』次期型は2025年末登場か、ハンマーヘッド&新エンジン搭載でスポーティ感アップ!?
レスポンス
スズキが新型「ハスラー」発表! レトロなゴツ顔「ワイルド仕様」 SUV感スゴッ! 「ジムニー」と比較する人はいるのか
スズキが新型「ハスラー」発表! レトロなゴツ顔「ワイルド仕様」 SUV感スゴッ! 「ジムニー」と比較する人はいるのか
くるまのニュース
輸入車メーカーや「ヨシムラ」から認められるトップペインターが施工 スプレー式ガラスコーティングとは?
輸入車メーカーや「ヨシムラ」から認められるトップペインターが施工 スプレー式ガラスコーティングとは?
バイクのニュース
日産『デイズ』と『ルークス』、一部仕様を変更し新色も追加
日産『デイズ』と『ルークス』、一部仕様を変更し新色も追加
レスポンス
新車購入でお馴染みの光景「値引き交渉」はまもなく姿を消す!? 家電で広がる「指定価格」が新車にも導入される可能性
新車購入でお馴染みの光景「値引き交渉」はまもなく姿を消す!? 家電で広がる「指定価格」が新車にも導入される可能性
WEB CARTOP
日産ノート オーラが仕様変更。フロントマスクの刷新や新内外装カラーの設定などで存在感と上質さをアップ
日産ノート オーラが仕様変更。フロントマスクの刷新や新内外装カラーの設定などで存在感と上質さをアップ
カー・アンド・ドライバー
[15秒でわかる]フィアット『ストラーダ』のスポーツ仕様…内外装ともに引き締まった印象に
[15秒でわかる]フィアット『ストラーダ』のスポーツ仕様…内外装ともに引き締まった印象に
レスポンス
ホンダ EVの社会実装とCN社会の実現にむけ新会社ALTNAが電力ビジネスの事業展開を開始
ホンダ EVの社会実装とCN社会の実現にむけ新会社ALTNAが電力ビジネスの事業展開を開始
Auto Prove
新型「BMW M3」早くもツーリングをフェイスリフト パワーアップされた「M3」の全情報!
新型「BMW M3」早くもツーリングをフェイスリフト パワーアップされた「M3」の全情報!
AutoBild Japan
高速のSA・PAで「車中泊」してもいいの?「法令違反」の可能性も?! 「これは仮眠ですから!」主張は許されるのか
高速のSA・PAで「車中泊」してもいいの?「法令違反」の可能性も?! 「これは仮眠ですから!」主張は許されるのか
くるまのニュース
じ~ん。ポルシェを手に入れた瞬間の幸福
じ~ん。ポルシェを手に入れた瞬間の幸福
レスポンス
アウトドアシーンでも活躍!? ホンダ新型バン「N-VAN e:」10月に発売 人気の軽商用バンをベースにしたEV
アウトドアシーンでも活躍!? ホンダ新型バン「N-VAN e:」10月に発売 人気の軽商用バンをベースにしたEV
VAGUE
ダッシュ! 軽量スポーツカーメーカーのアリエルが電動アシスト自転車を発表
ダッシュ! 軽量スポーツカーメーカーのアリエルが電動アシスト自転車を発表
レスポンス
アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」
アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」
motorsport.com 日本版
知っておきたい! ブレーキパッドのメリット・デメリットとカスタマイズ術~カスタムHOW TO~
知っておきたい! ブレーキパッドのメリット・デメリットとカスタマイズ術~カスタムHOW TO~
レスポンス
ダイハツ斬新「スゴいSUV」登場! 2.8リッター&5速MT採用!? カクカクデザイン「謎のSUV」海外で発見される
ダイハツ斬新「スゴいSUV」登場! 2.8リッター&5速MT採用!? カクカクデザイン「謎のSUV」海外で発見される
くるまのニュース
年々増加するEVの「電欠」の救世主となるか!? 給電できるバイクの仕組みと課題とは?
年々増加するEVの「電欠」の救世主となるか!? 給電できるバイクの仕組みと課題とは?
バイクのニュース
予算約50万円の軽二輪選び】不景気だからこそスカッとスポーツしたい! 国産ロードスポーツ5選
予算約50万円の軽二輪選び】不景気だからこそスカッとスポーツしたい! 国産ロードスポーツ5選
モーサイ

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9798.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9798.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村