サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「トップから後れをとっている」フェラーリF1、選手権でマクラーレンを逆転もメキシコGPでは苦戦

ここから本文です
 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年F1第17戦メキシコGPでフェラーリは素晴らしい結果を達成したと述べているが、チームの相対的なパフォーマンスはわずかに期待外れなものだったと認めた。

 シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、日曜日のレースを5位と6位で終え、これにより18ポイントという素晴らしい結果を生み出した。マクラーレンの獲得ポイントが1ポイントだったこともあり、コンストラクターズ選手権ではフェラーリが3位に浮上し、マクラーレンを13.5ポイント上回った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ