サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カーボンニュートラルで問われる自動車メーカーのコスト意識、CO2削減コストは誰の負担か サプライヤー巻き込んだ取り組み不可欠

ここから本文です
 温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルに向けた取り組みが、企業の最大の経営課題となり、CO2排出量ゼロに向けた取り組みが本格化している。自動車メーカー各社は、走行時のCO2の排出量を抑えることができる電動車両の普及に向けて電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの開発を本格化する。同時にライフサイクルアセスメント(LCA)の観点から、車を構成する部品や素材の製造時のCO2排出量削減への対応を求められる。これを実現するのは多額のコストが必要で、これを誰が負担するかがカーボンニュートラルを実現できるかの鍵を握る。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン