サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランエボのハンドリングを支えた「スーパーAYC」は今、新型エクリプスクロスで生きている

ここから本文です
クルマ好きを魅了した自動車には、評価の高い技術が搭載されているものだ。かつて三菱 ランサーエボリューションのハンドリングを支えた「スーパーAYC」は、現在ではどのように発展しているのか、紹介しよう。

4WDとAYCでゼロカウンターを生み出したランエボIV
ランサーエボリューション(以下、ランエボ)にスーパーAYC(アクティブ ヨー コントロール)が初搭載されたのは、2003年1月に発売されたランエボVIIIからだ。ただし、初搭載といえども従来型のランエボに採用されていたAYCの発展型であり、まったくの新開発ではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン