サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 超熾烈な2021年タイトル争い、鍵を握るのはボッタス?……元F1ドライバー、ブランドルの指摘

ここから本文です
 ベネトンやリジェなど数々のチームで活躍した元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、メルセデスとレッドブル・ホンダが激しくぶつかりあうF1タイトル争いにおいて、ぞれぞれのチームのセカンドドライバーが重要な役割を果たすと指摘。しかしながら、メルセデスのバルテリ・ボッタスの方が、レッドブルのセルジオ・ペレスよりも、この戦いにおける影響の度合いは大きいだろうと語った。

 今シーズンのF1も残り2戦。現時点ではドライバーズランキングでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がルイス・ハミルトン(メルセデス)を8ポイントリードしている状態。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ