サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダNSR500は「モトクロスバイクに乗るような感じ」とクラッチロー。乗って感じた現代マシンとの違い

ここから本文です
 3度のMotoGP優勝経験を持つカル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)は、11月10日に開催されたホンダレーシングサンクスデーを、誰よりも楽しんだかもしれない。なぜならクラッチローは一生の夢を実現したのだ。それは500ccのグランプリバイクで初めてレーストラックを走ることだった。

 1989年のロードレース世界選手権500ccクラスで、エディー・ローソンがホンダNSR500でタイトルを獲得した時、クラッチローはたった4歳だった。