サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フィアット 500/500Cシリーズに、新グレード「カルト」と「ドルチェヴィータ」を追加

ここから本文です

フィアット 500/500Cシリーズに、新グレード「カルト」と「ドルチェヴィータ」を追加

FIAT 500 / 500C 1.2 Cult × 500 TwinAir Dolcevita

フィアット 500/500C 1.2 カルト × 500 ツインエア ドルチェヴィータ

モーガン プラスシックス、ジャパンインターナショナルボートショーにて日本初披露!

高速走行時に重宝するクルーズコントロールを標準装備

FCAジャパンは、フィアット500/500C(チンクエチェント/チンクエチェント・シー)」に新グレード「Cult(カルト)」と「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を追加。2021年6月5日より、全国のフィアット正規ディーラーを通じて販売を開始する。

なお、新グレードの導入に合わせて、従来モデルに設定されていた「1.2 Pop」と「Lounge」は在庫車のみの販売となる。

ブルーの内装に利便装備が充実した「カルト」

今回導入された「500/500C 1.2 カルト」には、クルーズコントロールやパドルスイッチ、スピードリミッターが標準装備。ドライバーの運転をサポートする利便装備が強化されたことで、高速道路での快適性やクルマを操る楽しさが増している。

さらにシートカラーとドアトリムカラーはブルーに変更され、モダン感溢れるキャビン空間が楽しめるようになった。

クルコンを標準装備し内装に2トーンカラーを採用する「ドルチェヴィータ」

「500 ツインエアー ドルチェヴィータ」は、クルーズコントロールが標準装備されたほか、フロントフェンダーに“Dolcevita”トリムバッジがあしらわれる。シートカラーはブラック/アイスの2トーン仕様となり、上質な雰囲気を高めた。

新鮮味溢れる、華やかなイメージのボディカラーを新設定

なお、フィアット500/500Cシリーズのボディカラー構成も変更され、シチリアオレンジ(500/500C カルトのみ)とポンペイグレーの2色を追加。従来モデルから設定されていたボサノバホワイト、パソドブレレッドを合わせた全4色が展開される。なお、パソドブレレッド、シチリアオレンジ、ポンペイグレーは、オプションカラー(5万5000円高)となる。

【車両本体価格(税込み)】

500 1.2 カルト:200万円

500 ツインエア― カルト:221万円

500 ツインエア― ドルチェヴィータ:261万円

500C 1.2 カルト:266万円

【問い合わせ】
CIAO FIAT
TEL 0120-404-053

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します