サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル先輩にはたくさん勉強させてもらいました……ルクレール「細かいコトの重要さ知った」

ここから本文です

 フェラーリF1は2021年シーズンに新ドライバーとしてカルロス・サインツJr.を招聘。セバスチャン・ベッテルと入れ替わる形で、シャルル・ルクレールのチームメイトとなった。

 ベッテルとルクレールは、チームメイト時代には度々コース上で衝突を引き起こしてきた。ただ彼らふたりは、チームメイトとして過ごした2シーズンをそれなりに上手く過ごしてきたとも言える。

■フェラーリのルクレール、今季のF1マシンは「コーナー進入が難しい」と解説

 ルクレールはベッテルと過ごした期間を振り返り、ベッテルの仕事への“頭のいい”アプローチが際立っていたと述べている。

「経験を始めとして、彼はある状況で素晴らしい分析スキルを持っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン