サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産「エクストレイル」の一部仕様向上

ここから本文です

日産「エクストレイル」の一部仕様向上

日産自動車は2020年1月16日、C+セグメントのクロスオーバーSUV「エクストレイル」を一部仕様向上し、1月23日から発売すると発表した。

ミリ波レーダーを追加

パナソニック カーナビ「ストラーダ」ベーシックモデル「CN-E320D」を発売

今回の仕様向上では、新たにミリ波レーダーを追加採用するなど、さらなる先進安全装備の拡充を図っている。前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、ミリ波レーダーの追加採用により、夜間での性能が向上するとともに、運転支援技術の「プロパイロット」の性能も向上。

また、前方を走行する2台前の車両を地面反射波により検知し、急な減速などにより、自車の回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を新たに全車標準装備としている。

今回はさらに、静音タイヤを採用し、遮音性能も高めたことなどにより静粛性も向上している。

仕様向上に伴い、新たなグレードとして、シートなどの内装に上質なレザーを施した「20Xiレザーエディション」、「20Xiハイブリッド レザーエディション」を設定した。レザーエディションはタンレザーならではの高級感のあるインテリアとなり、質感が高められている。

今回の仕様向上では、「オーテック」バージョン、「エクストリーマーX」、「助手席スライドアップシート」においてもベースモデルと同様に、先進安全装備の拡充と快適性の向上が図られている。

グレード・価格

エクストレイル「オーテック」

今回の仕様向上では、「エクストレイル」唯一の19インチ・タイヤを継続採用し、ザックス社製ダンパーを含む専用サスペンションを新たに全車へ装備し、さらなる上質な乗り味を追求。

また、好みに合わせてインテリア・コーディネートが選択できる「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」を継続設定。このプログラムでは、運転席・助手席パワーシートを標準設定とし、本革シートカラーをストーンホワイト、タンの2色から、ステアリングをストーンホワイト、タン、ブラックの3色から選択することができる。さらに、ステアリングステッチの縫製パターンを3種類から選択できる。

オーテック グレード価格

エクストレイル「エクストリーマーX」

エクストレイル「エクストリーマーX」は、ボディ下部をガードするダーククロムのエクステリアパーツや、グロスブラックの専用デザインアルミホイールなどを装備し、本格SUVとしてワイルドでタフなイメージをより強調したモデルだ。

エクストリーマーX グレード価格

エクストレイル「助手席スライドアップシート」

エクストレイル「助手席スライドアップシート」は、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、乗り降りが容易にできる車両だ。シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作なども可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めている。

助手席スライドアップシート仕様 グレード・価格

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

日産 エクストレイル 関連記事</a
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト

オーテック・ジャパン 公式サイト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します