サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「“ワサビ”がテーマのGRスープラってなんなんだ」トヨタ純正アクセサリーチーム入魂の作!【SEMA SHOW2019】

ここから本文です

「“ワサビ”がテーマのGRスープラってなんなんだ」トヨタ純正アクセサリーチーム入魂の作!【SEMA SHOW2019】

名前通り“ピリ辛”スペックのチューンド!

リヤのバーニア風センター出しマフラーが激インパクト!

「流麗なブリスター仕様の極上BNR32!」フルチューンRB26を自宅にストック!?【W-Option JAMBOREE】

トヨタブースに展示されていた黄緑色のGRスープラ。変わったカラーチョイスだなぁと近づいてスペック表を見ると、日本のワサビをコンセプトにしたチューンドであることが判明。この奇抜な色が示す意味はそういうことか…。製作したのはトヨタの純正アクセサリーチーム、大真面目な作品なのである。

エクステリアを覆うエアロパーツはFive Axisが担当。同社は、新型車のコンセプトモデルなども手がける全米トップクラスのビルダーだけに、クオリティは一線級だ。

純正バンパー下部に3D形状のアンダーリップを追加。絶妙なサイズ感で前方へ押し出すボトムデザインと両サイドの小ぶりなフィンで、フェイスイメージを引き締める。

ステップラインへ沿うようにしてノーマルの内巻き形状をフラットボトム化していくサイドアンダーフィンを装備。フロントのアンダーリップ同様に、ステップエンドに与えた上下フィンが良いアクセントとなっている。

リヤウイングはFRP一体型のスワンネック形状となる。かなり控えめだが、GRスープラのボディラインと絶妙にマッチしたデザインはさすがメーカーメイドだ。

このマシンのハイライトはやはりリヤだろう。アンダーバンパーを製作した上で、無骨なバーニア形状の2本出しセンターマフラーを装備しているのだ。このリヤフォルムは今後アフターマーケットでも増えていくスタイルかもしれない。それほど似合っている。

ホイールは純正アクセサリーの20インチを装備し、タイヤにはミシュランパイロットスポーツ4S(F275/30-20 R305/30-20)をセット。ブレーキはブレンボの6&4システムを投入している。

サスペンションはオーリンズDFV車高調で適度にローダウン。トヨタ純正のストラットタワーブレースによって、シャシーも強化済みだ。

パッと見は、ライトグリーンとマットブラックでオシャレな雰囲気のGRスープラだが、その実は“ワサビ”という名の通り、かなりピリ辛スペックのメーカーチューンドだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します