現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 珍しい変則タイヤ交換作戦で臨むも、最後はマルチアクシデントで今季を終えたModulo太田格之進「気持ち的に落ちています」

ここから本文です

珍しい変則タイヤ交換作戦で臨むも、最後はマルチアクシデントで今季を終えたModulo太田格之進「気持ち的に落ちています」

掲載
珍しい変則タイヤ交換作戦で臨むも、最後はマルチアクシデントで今季を終えたModulo太田格之進「気持ち的に落ちています」

 モビリティリゾートもてぎで行なわれたスーパーGT第8戦。GT500ルーキーイヤーで、前戦オートポリスで表彰台を獲得する活躍を見せた64号車Modulo NSX-GTの太田格之進だが、最終戦はGT300との接触でリタイアを余儀なくされた。

 前週のスーパーフォーミュラ第9戦で初優勝を飾るなど、右肩上がりの活躍を見せている太田。今週末も予選Q1を担当して、渾身のアタックで8番手でQ2進出を果たす走りを見せた。決勝では、タイヤ無交換作戦を立案するが、25周目のピットストップで左フロントタイヤのみを交換。前半スティント担当の伊沢拓也からバトンを受け継ぎ、太田が乗り込んだ。

宮田「辛くても強さを発揮できるようになった」坪井「色々なことが起きるのがスーパーGT」【GT500チャンピオン会見】

 しかし、ペースが1分44秒台から上がらず、40周目に2度目のピットストップを敢行。4本ともタイヤ交換を行なったが、ピットアウトして3周したところで、360号車RUNUP RIVAUX GT-Rと1コーナーで接触し、大きなダメージを受け、リタイアとなった。

「それ(タイヤ無交換作戦)しか策はないだろうなという感じだったのでやりました。結果的に左フロントだけ交換するという作戦で、僕に代わってから10周から15周くらい行きましたけど、周回遅れになっていてペースも悪いので、もう一度(ピットに)入ってバックアップ(のタイヤ)で走ろうとなりました。それ以前に勝負権を失っているので、あの作戦が正解ではなかったですね」と、戦略について振り返った太田。

 GT300との接触については、以下のように説明した。

「タイヤが持たなくて新しく交換して出ていったなかで、全然温まっていないという状況でした。その中でGT300の2台と1コーナーで被る感じになって、360号車の横側に当たってしまったという感じでした」

 状況としては、イン側に太田がいて、アウト側から360号車と6号車DOBOT Audi R8 LMSが接近した状態で進入。1コーナー外側から360号車が被ってきた形で接触したという。レースコントロールの文字情報では6号車も接触の検証対象になったが、どのような形で絡んだかは、太田自身もよくわかっていないという。

「(360号車と)当たったのはフロントでした。そこで回って……そこからはよく分からなかったですけど、リヤも壊れていました」と太田。

「レーシングインシデントという判定にもなっていますし、詳しくはオンボードとか見直したいなと思っていますけど、僕的には周回遅れで順位を争っていなかったので、焦っているとか攻めたという感じではなかったです」

 なお、360号車との接触については、レース後の正式結果で太田に対し『スポーティングレギュレーション13 1.a.違反「CarNo.360への衝突」』でのドライブスルーペナルティ(リタイアのため未消化)が科されている。

 改めてシーズンを振り返った太田は「最後はこういう終わり方ですごく残念ですけど、シーズンとしては徐々に(調子が)上がっていきました。GTの方は上がったり下がったりする状況を繰り返すなかで、いろいろと勉強させてもらって、ナカジマレーシングには感謝しています」とコメント。

 最終戦を飾ることができず、いつも以上に肩を落としていたが、「このチームで走れて良かったなと思います」と繰り返し語っていた。

関連タグ

こんな記事も読まれています

純正ルームミラーの上から後付け簡単設置! 必要な機能だけにこだわったシンプルな「デジタルミラー」が登場
純正ルームミラーの上から後付け簡単設置! 必要な機能だけにこだわったシンプルな「デジタルミラー」が登場
VAGUE
「エンジンブレーキ」使ってる? “フットブレーキ踏みすぎ”なぜNG? エンブレの効果的な使い方とは
「エンジンブレーキ」使ってる? “フットブレーキ踏みすぎ”なぜNG? エンブレの効果的な使い方とは
くるまのニュース
大幅にパワーアップした歴代スープラ乗り比べイベント「Supra Summer Festival」第2弾が開催
大幅にパワーアップした歴代スープラ乗り比べイベント「Supra Summer Festival」第2弾が開催
@DIME
モトグラフィックスの BMW M1000XR(24)用タンクパッドがネクサスから発売!
モトグラフィックスの BMW M1000XR(24)用タンクパッドがネクサスから発売!
バイクブロス
イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
タイカヤバ KYB「アジャスタブル リアサスペンション」に PCX/AEROX155用が登場!
タイカヤバ KYB「アジャスタブル リアサスペンション」に PCX/AEROX155用が登場!
バイクブロス
アクティブのパフォーマンスダンパーに「CT125ハンターカブ」「X500/X350」用が登場!
アクティブのパフォーマンスダンパーに「CT125ハンターカブ」「X500/X350」用が登場!
バイクブロス
780万円超え!? 日産が新型「小さな高級車」発表! 全長4.4m級ボディに「上質内装」&斬新「甲冑グリル」採用! 新型SUV「キャシュカイ」欧州で登場
780万円超え!? 日産が新型「小さな高級車」発表! 全長4.4m級ボディに「上質内装」&斬新「甲冑グリル」採用! 新型SUV「キャシュカイ」欧州で登場
くるまのニュース
[低予算サウンドアップ術]「スピーカーケーブル」を換えても音が激変!?
[低予算サウンドアップ術]「スピーカーケーブル」を換えても音が激変!?
レスポンス
約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場
約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場
くるまのニュース
ケータハム 新型「スーパーセブン600」にクラシック感満載の日本限定モデルが登場
ケータハム 新型「スーパーセブン600」にクラシック感満載の日本限定モデルが登場
グーネット
ケータハム「スーパーセブン600/2000」発売 70~80年代の人気車を現代風にアレンジ
ケータハム「スーパーセブン600/2000」発売 70~80年代の人気車を現代風にアレンジ
グーネット
シエンタ、スイフト用を販売開始、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
シエンタ、スイフト用を販売開始、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
レスポンス
102回目の「パイクスピーク」にヒョンデが大挙襲来! 「アイオニック5N」のパフォーマンスはいかに?
102回目の「パイクスピーク」にヒョンデが大挙襲来! 「アイオニック5N」のパフォーマンスはいかに?
Auto Messe Web
マセラティ MC20のスペシャルシリーズ「イコナ」と「レジェンダ」を限定販売
マセラティ MC20のスペシャルシリーズ「イコナ」と「レジェンダ」を限定販売
Webモーターマガジン
S30型ダットサン240Zをオマージュした日産Zの特別仕様車「Zヘリテージエディション」が米国でデビュー
S30型ダットサン240Zをオマージュした日産Zの特別仕様車「Zヘリテージエディション」が米国でデビュー
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
くるまのニュース
写真から車種や価格わかる…Yahoo!ブラウザーで「クルマ検索」の提供開始
写真から車種や価格わかる…Yahoo!ブラウザーで「クルマ検索」の提供開始
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村