サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 優勝したレディング「今日は極限のコンディションだった」/SBK第2戦スペイン レース1コメント

ここから本文です
 8月1日、スーパーバイク世界選手権(SBK)第2戦スペインがヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われた。レース1を終え、カワサキ、ヤマハ、ホンダ、ドゥカティ、BMWのファクトリーライダーと日本人ライダーの高橋巧がレースを振り返った。

■Aruba.it レーシング-ドゥカティ
スコット・レディング レース1:1位
「素晴らしい1日となった。ポールポジションと優勝。これ以上の結果はない。気温が高い影響で、厳しいレースとなった。いくつかの場面では、非常に苦しい展開となった。素晴らしいマシンを仕上げてくれたチームのスタッフに感謝したい。

おすすめのニュース

サイトトップへ