サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ、「タント」および福祉車両を一部改良 ダイハツ初の「コーナリングトレースアシスト」標準化

ここから本文です

ダイハツ、「タント」および福祉車両を一部改良 ダイハツ初の「コーナリングトレースアシスト」標準化

ダイハツ、「タント」および福祉車両を一部改良 ダイハツ初の「コーナリングトレースアシスト」標準化

 ダイハツ工業は21日、「タント」と昇降シート車など同車種の福祉車両シリーズ3モデルを一部改良し、同日に発売した。ターボエンジン搭載グレードに、カーブの差し掛かりでドライバーのブレーキ補助をするダイハツ初の「コーナリングトレースアシスト」など先進安全機能を標準装備した。自然吸気エンジン搭載グレードには、全車速追従機能付ACCなどを含む安全装備「スマートクルーズパック」をメーカーオプションで設定した。

 価格は、タントが124万3千~202万4千円(消費税込み)、福祉車両シリーズが143万5千~216万5千円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します