サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年F1第3戦ポルトガルGP、角田裕毅は試練の14位。グリップがなくペースが上がらず【モータースポーツ】

ここから本文です
2021年5月2日、2021年F1第3戦ポルトガルGPの決勝が行われ、開幕戦で素晴らしい走りを見せた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)はペースが上がらず苦しんだが、それでも粘り強く走り抜き15位で完走。初走行のサーキットで貴重な経験を積んだ。チームメイトのピエール・ガスリーは終盤に挽回して10位入賞を果たしたが、前戦までの鋭い走りは見られなかった。アルファタウリ・ホンダになにがあったのか。

改善していかない独特の路面と風が強い難しいコンディション
予選で9位、14位につけたアルファタウリ・ホンダ勢は、好調だったここ2戦から一転、決勝レースでは苦しい展開となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ