現在位置: > > > 800シリーズ

ローバー 800シリーズグレード・価格・口コミ情報

pitte

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

マイカー登録はこちら

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    1638
  • カタログ燃費
    - km/L

ローバー 800シリーズの概要

ローバー製エンジンに変更

最大のポイントは、エンジンが変更されたことだ。同じV6だが、従来のホンダ製2.7Lから自社製である2.5Lへと換装された。また、トランスミッションも変更され、ノーマル、スポーツ、ウィンターという3つのドライビングモードを選択できるようになった。このほか、内外装をリファインし、安全装備も充実している。設定されたのは825Siと825SLiの2つ。(1996.5)

上質なフラッグシップサルーン

当時トップに位置していた4ドアサルーン。スタイリングはローバー伝統の大きなグリルが与えられ、開発コンセプトである「エレガントさの中に秘める躍動的な力強さ」を表現したものだ。シャーシやエンジン、ミッションといった基本的なメカニズムは初代ホンダレジェンドのものを使用している。日本にはセダンとクーペが輸入されたが、のちにセダンのみの設定となった。全タイプにレザーシートを標準装備し、ウォールナットをインパネやセンターコンソールに採用するなど、上質かつ重厚なインテリアも自慢だ。搭載されるエンジンに応じてグレードが設定されており、2.7LV6(827SLi)と、2L直4 (820SLi)が用意されていた。組み合わされるのは4AT。電動サンルーフ、60:40分割可倒式リアシートなどの快適装備に加え、運転席エアバッグ、ABS、サイドインパクト・ドアビームなど安全装備も備えている。(1993.3)

ローバー 800シリーズ 1996年5月マイナーチェンジ グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード 825Si(AT) 825SLi(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 369.0万円(税抜) 399.0万円(税抜)
基本情報 発売年月 1996年5月 1996年5月
駆動方式 FF(前輪駆動) FF(前輪駆動)
車両形式 E-RS25 E-RS25
トランスミッション 4AT 4AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4880×1730×1395mm 4880×1730×1395mm
車両重量 1390kg 1430kg
乗車定員 5名 5名
タイヤ(前輪) 195/65VR15 195/65VR15
タイヤ(後輪) 195/65VR15 195/65VR15
エンジン 過給器 なし なし
総排気量 2497cc 2497cc
使用燃料 ハイオク ハイオク
燃料タンク容量 68L 68L
性能 燃費(10.15モード) - -
燃費(JC08モード) - -
燃費(WLTCモード) - -
最高出力(ps(kw)/rpm) 175(-)/6500 175(-)/6500
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 24.5(−)/4000 24.5(−)/4000
最小回転半径 - -

ローバー 800シリーズ 口コミ

4.1
  • 乗っている人を見かけない希少車で実用的なので大変満足しています。 このようなこの車以外に欲しい車が全く見当たらないので、困っています。 4人分の
    投稿日: 2013年5月1日 総合評価: 4.5

    メーカー・モデル: ローバー 800シリーズ セダン

    グレード: 不明 1992年式 乗車形式: マイカー

    乗っている人を見かけない希少車で実用的なので大変満足しています。 このようなこの車以外に欲しい車が全く見当たらないので、困っています。 4人分のゴルフバッグがちゃんと乗るスタイリッシュなセダンがあれば考えても良いんですけど・・・

    続きを見る
  • 見た目高級外車 実際にはフロントグリルのない初期型スターリングを中古で購入、7年ほど乗りました。シャシーとエンジンはホンダ製ということで走りはしっかり
    投稿日: 2011年8月9日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: ローバー 800シリーズ セダン

    グレード: 827スターリング(AT) 1990年式 乗車形式: マイカー

    見た目高級外車 実際にはフロントグリルのない初期型スターリングを中古で購入、7年ほど乗りました。シャシーとエンジンはホンダ製ということで走りはしっかりしていました。またスタイルの良さと内装の豪華さに「外車だよ」って感じがあり、その割りに中古車は安かったです。 また浅野ゆう子がCMやってたわりにほとんど知られてなかったので所有に愛着が持てました。 電装系が弱くエンジンが掛かってもエアコンが動かなかったり、バッテリーが上がったりしてました。修理代が外車の為割高でメンテは大変でした。

    続きを見る
  • スタイル抜群!でも、、壊れます 愛車にしておりましたのは、レジェンドに搭載されていた2.7のタイプでしたが、エンジン、ミッションについてはノントラブル
    投稿日: 2009年8月13日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: ローバー 800シリーズ セダン

    グレード: 827SLi(AT) 1993年式 乗車形式: マイカー

    スタイル抜群!でも、、壊れます 愛車にしておりましたのは、レジェンドに搭載されていた2.7のタイプでしたが、エンジン、ミッションについてはノントラブルでした。しかし電装系が弱く、ひどい目に合わされました。雨の高速の料金所で窓を開けると閉まらず雨の日窓全開で高速を走った事もありました(笑)愛車は前期モデルでしたので、後期の825SLIを購入しようかと思ったんですが、知り合いの方々から止められたので、、。なんでも後期モデルはエンジンが逝くらしく上の写真の黒オイルキャップはエンジンブロックが弱いらしく載せ替えになると聞いております。(当時ローバーで90万!)購入するなら、対策が施された黄色オイルキャップが良いと、、、。まぁキャップだけ替えたらわからないんですけどね、、。いずれにしても、ある程度車に知識があって、尚且つ我慢と広い心と経済的余裕がないとお勧めできません。話題作りでしたらもってこいの車だと思いますが。

    続きを見る
  • 雰囲気は良かった 以前、父親が乗っていました。ホンダと資本提携していた頃のローバーで、中身は初代ホンダレジェンドという生い立ちでした。当時の国産車と比
    投稿日: 2007年7月30日 総合評価: 3.0

    メーカー・モデル: ローバー 800シリーズ セダン

    グレード: 827Si(AT) 1990年式 乗車形式: マイカー

    雰囲気は良かった 以前、父親が乗っていました。ホンダと資本提携していた頃のローバーで、中身は初代ホンダレジェンドという生い立ちでした。当時の国産車と比べると価格、サイズ等からクラウン、セドリックが競合という事になりますが、雰囲気は断然ローバーでした。しかし、ホンダと共同開発という割には電装品等はローバー自製だったらしく、トラブルが多かったのが残念でした。コンピューター、パワーウインドー落ち、エアコン、ラジエターファン等トラブル続出で手放しましたが、それさえなければもっと乗っていた事でしょう。せっかくホンダと共同開発したのにつまらないトラブルが多すぎました。

    続きを見る

ローバー 800シリーズの口コミ・評価をもっと見る(5件)

ローバー 800シリーズ みんなの質問

ローバー 800シリーズのみんなの質問をもっと見る(2件)

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー