現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プジョーがどのジャンルにも属さないモデル「RIFTER」を発表! 新型208/e-208もお披露目

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.22

プジョーがどのジャンルにも属さないモデル「RIFTER」を発表! 新型208/e-208もお披露目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プジョーの現在と未来を実車で見られるチャンス!

 プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月19日(土)から26日(土)の8日間、ブランド体感イベント「PEUGEOT SHOW 2019-UNBORRING THE FUTURE-」を東京都・六本木ヒルズの大屋根プラザとヒルズ カフェ/スペースで開催することを発表した。

    噂のなかにはウソもある! 今夏の酷暑に起きた「電気自動車のホント」3つ

 このイベントでは2020年夏に国内導入予定の新型208と電気自動車の新型e-208、また2019年10月18日(金)に発表された「RIFTER(リフター)」の特別仕様車「Debut Edition」をお披露目する。

 208はプジョーのコンパクトハッチバック。7年ぶりにフルモデルチェンジが施され、2019年3月のジュネーブ国際自動車ショーの場で世界初公開となった。新プラットフォームCMPを採用するほか、最新の先進運転支援機能、環境性能、走行性能を誇る。日本仕様はまだ末発表だが、欧州仕様はガソリン1,2リッター直噴ターボエンジンを搭載する。

 新型e-208は今回初めて投入されたフルEVモデル。モーター最大出力は136馬力、最大トルクは260Nmを発揮する。バッテリー容量は50kWhで、一回の充電で最大340km(WLTP)の走行が可能だ。

 これらのモデルについてプジョー・シトロエンジャポン マーケティング部 商品企画部グループ プジョープロダクトマネージャーの上村学さんは、「導入の戦略キーワードは『パワー・オブ・チョイス』です。パワートレイン以外は同等のデザイン、スペース、乗り心地を実現し、ガソリンと電気自動車を同条件で比較検討していただける環境を提供します」と語った。

 リフターは日本初導入の新コンセプトMPV。2018年に欧州でデビュー以来、日本の顧客から多くのリクエストがあったという。2019年10月18日(金)に特別仕様車「Debut Edition」を発表、翌19日(土)よりオンラインでの予約を受け付けている。通常モデルの国内販売は2020年夏の予定だ。

「リフターの魅力はものセグメントの定番である、高い車高やスペース、収納力だけでなく、スポーティさや乗用車としての高いクオリティを持つところです」とプジョー・シトロエンジャポン マーケティング部 商品企画部グループ プジョープロダクトマネージャーの上村学さんは言う。

 最新の1.5リッターターボチャージャー付きクリーンディーゼルエンジンに電子制御8速オートマチック(EAT8)を組み合わせ、定評のあるプラットフォームEMP2を採用。悪路走破性を向上するアドバンスドグリップコントロールを採用するほか、ノーマルモード、スノーモード、マッドモード、サンドモード、オフモードの5つの走行モードを用意する。

 エクステリアはミニバンとSUV、ワゴンをクロスオーバーさせた個性的なスタイリングだ。1878mmの全高や両側スライドドアはミニバン的な利便性を持ち、高い地上高や16インチアルミホイール、またそれを囲むホイールアーチやバンパー/サイドプロテクターはSUVのようなルックス。また長く伸びるルーフラインはワゴンらしくもあり、これらを巧みに融合させている。

 ボディサイズは全長4403mm×全幅1848mm×全高1878mm、ホイールベースは2780mm(欧州仕様値)。

 ユーティリティにも優れ、リヤドアは両サイドスライド式、リヤシートは6対4の分割可倒式だ。容量は5名乗車時でトノカバー下597リットル、2列目シートの倒した最大積載状態では2126リットルと、現行プジョーで最大容量を持つ5008の1862リットルを大幅に上回る。

 さらにリヤゲートはガラス部分のみを開閉することができるリヤオープニングガラスハッチとなっており、狭い場所などでも使いやすい仕様となっている。またフレキシブルラゲッジトレイの高さをミドルポジションにすることで、荷室を上下に分割することも可能だ。

 またルーフには大半をガラスとし、収納スペースを融合させたマルチパラノミックルーフを採用した。フロントルーフに収納を設け、中央にはバックインルーフとして最大14リットルの収納が可能。電動サンシェードつきのほか、中央部には調整可能なムードライトを備える。さらにリヤシート頭上後方には60リットルのリヤシーリングボックスを配置し、後席とリヤゲート側の双方からアクセスが可能だ。

「RIFTER Debut Edition」の価格は336万円(税抜)。

 その他「PEUGEOT SHOW 2019-UNBORRING THE FUTURE-」ではSUVの5008、フラッグシップサルーンの508などの現行車の展示や308 SW、508、3008の会場周辺での試乗も実施する。ぜひ足を運び、プジョーの現在と未来を体感してほしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します