現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ 新型カローラ・シリーズ登場

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは2019年9月17日、これまでのカローラ・アクシオ、カローラ・フィールダーからカローラ・セダン、カローラ・ツーリング(ワゴン)に車名を変更し、TNGAプラットフォーム採用するなどのフルモデルチエンジを行ない、同時に2018年に先行して発売されたカローラ・スポーツ(ハッチバック)を一部改良し、発売を開始した。

TNGAによるカローラの統一

    【フランクフルトモーターショー2019】ランドローバー 新型「ディフェンダー」をワールドプレミア

カローラ・シリーズは、世界150以上の国、地域で累計販売台数4750万台を超えるトヨタを代表するロングセラーカーだが、近年は地域ごとにクルマの造り分けを行ない、車名も異なるなど、地域最適化の方針を採用してきた。(Auto Prove)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2019/09/17 14:51

    違反報告

    スーマートフォントは、何か?
  • okg*****|2019/09/18 02:53

    違反報告

    多分、販売のメインはワゴン(ツーリング)だろう。このところ、国産車にはスタイリッシュなワゴンが消滅しており、大半はスバル車の購入を余儀なくされる人が多いと聞いている。そういう人たちからどう判断されるかで評価が決まりそうな見通し。
  • yt3*****|2019/09/17 16:24

    違反報告

    売れるかどうかは
    狭い道でのすれ違いやU字溝への脱輪などを心配する主要ターゲットである高齢者が、
    肥大化したカローラをどこまで受け入れるかだろう。

    こういう時こそホンダはグレイスの売り時なのだろうが、
    ホンダは売る気ないからなあ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン