現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 軽トラでも安全装備はピカイチ! スズキ・キャリイが一部仕様を変更

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽トラ初となる夜間歩行者検知に対応

 スズキは、軽トラックのキャリイを一部仕様変更して発売を開始した。最大のトピックは、軽トラックとしては初となる夜間歩行者検知に対応した「衝突被害軽減ブレーキ」の採用。2018年にダイハツのハイゼットトラックが、衝突回避支援システムの”スマートアシストIIIt”を装備し、安全性の向上を図ったことを意識してか、スズキはさらなる機能をプラスすることで、ライバルに差をつけてきた。

    いま思うと危なすぎ!パワーと速さを極めた"ピリ辛"軽自動車5選

 ダイハツの軽自動車が進化すれば、スズキも黙ってはいない。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nik*****|2019/09/11 18:09

    違反報告

    この仕様を一刻も早くエブリイにも設定して、JOINターボの四駆MTを復活させて欲しい。フルタイム四駆のMTで先進安全装備がつけられる軽バン、現状N-VANしかないんだよね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン