現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型ベントレー・フライングスパー 雨のグッドウッド・ヒルクライムを体験

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.10

新型ベントレー・フライングスパー 雨のグッドウッド・ヒルクライムを体験

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー プラットフォーム、パナメーラと共有
ー 豪華な車内で感じる強烈なパフォーマンス
ー 2568万2400円という価格にも納得

    新型ベントレー・フライングスパー 超高級スポーツサルーンに 最高速333km/h

プラットフォーム、パナメーラと共有

7月7日の朝10時45分、AUTOCARは雨が降る中、グッドウッドの名物ヒルクライムに参加した。

それまで多くの旧いバイクやクルマが濡れた路面にふらついたり蛇行しながら走る様子を散々見てきた後のことだった。

だが、心配はしなかった。われわれが乗る新型ベントレー・フライングスパー(最高出力635psのW12エンジン搭載)を運転するのは、クルーに本拠を置くベントレーでヴィークル・ダイナミクス部門のトップを務めるアンドリュー・アンスワースという本物のエキスパートだったからだ。

そしていずれにせよ、この恐ろしいクルマのスタビリティおよびトラクション・コントロールは、このような難しい状況に備えてチューニングされている。

さらに言えば、このフライングスパーは、フォルクスワーゲン・グループの大型車用プラットフォームであるMSBアーキテクチャをベースに、完全に新設計された。つまり、多くの要素をポルシェ・パナメーラと共有しているということだ。

これに対し、先代のフライングスパーは、今は亡きフォルクスワーゲン・フェートンと関係性が深かった。そのため、パッケージングやタイヤ・サイズなどの点で、設計に多くの制限が課せられていた。

しかし、間もなく発売される新型フライングスパーでは、シャシーやサスペンションのセットアップがMSBのプログラムに含まれているため、ベントレーのエンジニアはポルシェとの密接な協力のもとに開発することができた。

「実際には、一般的な意味で言う単なるプラットフォームではありません」とアンスワースは語った。

「なぜならMSBは非常に柔軟性が高く、開発するクルマに合わせてディメンションをまったく変えることができるのです」

豪華な車内で感じる強烈なパフォーマンス

われわれはゆっくりと、スタートラインに向けて並ぶ多くのクルマの後についた。クルマを愛するひとたちに囲まれながら出走する時を待った。

グッドウッドに来場するひとたちの知識や情熱には、毎回ながら圧倒され、そしてこちらも一緒に熱狂させられる。

新型ベントレーのさらに優雅なプロポーションが、魅力を増したことは明らかだ(多くのひとからそんな言葉を耳にした)。

間もなく出走する順番が巡ってきた。車内から前方を見ると、汚れた路面が多くのクルマをふらつかせていたのだが、フライングスパーの四輪駆動と高度なトラクション・コントロールは何の問題もなく、わずかに半回転ほどホイールスピンさせただけで、そのパワーを路面に押しつけた。

われわれはかなりの勢いで飛び出し、グッドウッド・ヒルクライムの最初の複合コーナーに向かった。レザーで覆われた豪華な車内(ベントレーではそれが普通)からはまったく計り知れない、強烈なパフォーマンスだ。

しかもエンジンからは、滑らかでよく調教された咆哮が聞こえてくる。

2568万2400円という価格にも納得

こんな状況下で物事を考えることなどできやしない。しかし、わたしには3つのことが印象に残った。

1つめは、新型フライングスパーが、このような難しいコンディションで、パワーとトルクを路面に伝える能力が並外れているということ(日曜日にわれわれが乗ったフライングスパーのタイムは、多くのスーパーカーに恥をかかせた)。

2つめは、このクルマの長いホイールベース(3194mm)がもたらす快適性と安定性が、スポーツカーとは一線を画すということ。良い意味で。

そして3つめは、ベントレーの究極的な洗練と最上級パフォーマンスの組み合わせは、やはり非常に特別なものであるということだ。

このクルマの開発に3年間かかわってきたというアンスワースは、完璧なデモンストレーション・ドライバーだった。

しかし、彼ほどの腕前を持つドライバーでなくても(例えば、あなたの不器用で謙虚な運転手であっても)、このクルマはどんな状況でも素晴らしい性能を発揮するに違いないと、わたしは感じた。

さらにこの美しいスタイリングと路上における並外れた存在感を考えれば、2568万2400円という価格(もちろん、そのほかにオプションの代金が必要になる)も、それだけの価値があるとすぐに納得できるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します