現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ 718 ケイマンGT4 & 718 スパイダー発表! 300km/h超える新開発の自然吸気ボクサー6を搭載【動画】

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.19

ポルシェ 718 ケイマンGT4 & 718 スパイダー発表! 300km/h超える新開発の自然吸気ボクサー6を搭載【動画】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Porsche 718 Cayman GT4 / 718 Spyder

ポルシェ 718 ケイマン GT4 / 718 スパイダー

    「デンドロビウム D-1」、ル・マンに展示された初のEVハイパースポーツに

718シリーズの頂点に位置するふたつのニューモデル

ポルシェは、新型「718ケイマンGT4」と「718スパイダー」を718シリーズへ追加した。今回、新たに導入するふたつのモデルは、718モデルレンジの頂点に位置する存在となる。

「718ケイマンGT4」と「718スパイダー」は、718モデルのデビュー以来、初めてすべてのテクニカルスペックが同一化された。両モデルとも最高出力309kW(420ps)を発生する新開発の4.0リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載。これに6速マニュアルトランスミッションが組み合わせられる。

「718ケイマンGT4」は、GTシリーズのエントリーレベルに位置し、一方の「718スパイダー」はオープンエアとコーナリングを楽しむために特化したモデル。どちらも優れたエアロダイナミクスとGTモデルらしいシャシーとエンジン性能を誇る。

「911カレラ」のターボエンジンがベースの自然吸気ユニット

心臓部に搭載される4.0リッター水平対向6気筒エンジンは、新型911カレラのターボエンジンをベースとし、最高出力は「ケイマンGT4」では先代型を35ps、3世代目のスパイダーでは45ps上回る309kW(420ps)を発揮。420Nmの最大トルクは5000から6800rpmで発生し、最高速度は300km/hの壁を突破。「718スパイダー」で301km/h、「718ケイマンGT4」では304km/hを達成する。

0-100km/h加速は両モデルとも4.4秒。自然吸気エンジンはGTエンジンらしいリニアなレスポンスが魅力となり、最大回転数は8000rpmを誇る。部分的な負荷が掛かる状態で片側バンクのシリンダーが休止して燃費を低減するアダプティブシリンダーコントロールは、今回初めて追加された技術的ハイライト。この結果、新欧州サイクルでの燃費は10.9リッター/100kmを実現した。

それぞれが独立した燃料噴射を行うピエゾインジェクションを初めてDFI高回転型エンジンに搭載。燃料噴射が5段階に分けられたことで燃焼プロセスは大幅に向上。ふたつのレゾナンスバルブを備えた可変吸気システムにより、シリンダー内のガス交換も最適化される。

ダウンフォースを増加しながら空気抵抗は同レベルに抑制

「718ケイマンGT4」のハイライトとして、進化したエアロダイナミクスコンセプトが挙げられるだろう。ダウンフォースは50%増えたにも関わらず、空気抵抗は先代と変わらないレベルをキープした。

両モデルにおけるエアロダイナミクスの向上には、新しくデザインされたリヤサイレンサーカバーが大きく寄与している。2本のサイレンサーがそれぞれアーチ状に独立したカバーをもつことでリヤディフューザーのスペースが生まれ、その結果として「718ケイマンGT4」のリヤアクスル付近におけるダウンフォースは約30%増加した。

また、固定式のリヤウイングもさらに効率を向上させ、先代モデルより20%多いダウンフォースを発生。これは200km/hでの走行時に12kgのダウンフォースが増えることを意味する。GTモデルならではのスタイリングを実現したフロントセクションでは、大型フロントリップスポイラーと前輪に沿って流れる空気を整える通称“エアカーテン”が空力のバランスを最適化する。

718スパイダーは軽量コンバーチブルトップを採用

「718スパイダー」は最高速度を妨げないよう、ライトウェイトコンバーチブルトップを採用。ポルシェ550スパイダー、718 RS60スパイダーといった、ポルシェ製ロードスターの系譜を引き継ぐモデルとなる。

ルーフを開けた状態でも閉めた状態でも、その魅力的なシルエットは変わらないことが求められた。ルーフは日常的に利用可能で簡単に格納が可能。「718ケイマンGT4」との違いは、120km/hで自動的にリフトアップするリヤスポイラー。また、効果的なディフューザーが、これまでのボクスターでは考えられないほどのダウンフォースをリヤアクスル付近で発生させる。

ハイパフォーマンスGTシャシーによる運動性の向上

軽量化された前後アクスルのスプリングストラットは、モータースポーツからのフィードバックにより生まれた。シャシーをよりダイレクトにするため、ボールジョイントを採用。30mm車高を低くするポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)は重心を下げ、コーナリング性能が向上した。この結果、「718ケイマンGT4」のサーキット走行時のハンドリングはさらにシャープになったという。

「718スパイダー」も「718ケイマンGT4」と同様にダイレクトなシャシーの恩恵を受けている。より優れたセンサーを採用したポルシェスタビリティーマネージメント(PSM)は、2段階で完全に解除することが可能。機械式リヤディファレンシャルを備えたポルシェ トルク ベクタリング(PTV)は、縦および横方向のダイナミクスを強化、コーナリング性能とドライビングプレジャーの向上を狙っている。

また「718ケイマンGT4」には、リヤの鉄製ロールバーや消火器、運転席の6点式シートベルトなどを含む“クラブ スポーツ パッケージ”もオプションで用意されている。

ウルトラハイパフォーマンスタイヤを導入

大型アルミニウムモノブロックキャリパーを備えるハイパフォーマンスブレーキシステムは、サーキット走行時でも安定したブレーキングを確保。ポルシェ セラミック コンポジット ブレーキ(PCCB)もオプションで選択可能となっている。

また、「718スパイダー」の特徴のひとつにポルシェ専用に開発されたウルトラ ハイパフォーマンス(UHP)タイヤがある。このタイヤは「718ケイマンGT4」がニュルブルクリンク・ノルドシュライフェのラップタイムを、先代モデルから10秒短縮した際に装着していたものと同一というから、その性能にも期待大だ。

https://www.youtube.com/watch?v=VMxAW1nm2D0

https://www.youtube.com/watch?v=573YaSAP5H0

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web GENROQweb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します