現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 試乗 ベントレー・コンチネンタルGTC 333km/h 唯一無二の極上コンバーチブル

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.12

試乗 ベントレー・コンチネンタルGTC 333km/h 唯一無二の極上コンバーチブル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー 2ドアクーペとは別次元の個性と価値
どんな感じ?
ー 後輪駆動ベースとなった4輪駆動システム
ー 走行パフォーマンスはクーペと遜色なし
ー カブリオレだけの豊潤な心地よさ
「買い」か?
ー 唯一無二の極上コンバーチブル
スペック
ー ベントレー・コンチネンタルGTCのスペック

    ベントレー・フライングスパーの中古車 英国では300万円以下 維持費やメンテは

どんなクルマ?

2ドアクーペとは別次元の個性と価値

ベントレーが第2世代となるコンチネンタルGTにコンバーチブル仕様を追加した。エレガントな所作で開閉に19秒を要するソフトトップを備えている点を除いて、基本的なアップデートの内容はクーペと同じ。このソフトトップは最高50km/hまでなら、走行中でも開閉することが可能となっている。

カブリオレ化に伴いシャシー剛性を高めることは避けられず、車重はクーペの100kg増しとなる2295kgに達している。しかし、ラグジュアリーな2ドアクーペに、別次元の豊かな個性と価値を与えてくれていることも確かだ。

コンチネンタルGTのプラットホームは、ポルシェ・パナメーラと共有している。当初からオープンモデルの必要性が考慮されており、ソフトトップ機構を装備したことによる車内への影響は最小限に留められている一方で、ボディの補強も最小限で済んでいるという。また先代のカブリオレと比較して、空力性能の面では向上しており、Cd値は0.32と良好な結果が出ている。

大柄なひとにとってはフロントシートのほうが快適なことには違いないが、高級感あふれるコンバーチブルで大人4名が座っても充分快適に過ごせるクルマは、英国でも珍しい存在ではある。早速屋根を開けて試乗を始めよう。

どんな感じ?

後輪駆動ベースとなった4輪駆動システム

ボディサイズはかなり大柄。先代よりもホイールベースは100mm伸ばされており、全長も4850mmほどある。伸ばされたホイールベースだが、主にフロントタイヤを前方へ移動させることに充てがわれており、結果として非常に美しいボディプロポーションを獲得。加えて先代のベースとなっていた、フォルクスワーゲン・フェートンとの関係性を払拭する狙いもあるようだ。

広げられたフロントセクションには、新しく改良を受けた6.0ℓのW型12気筒エンジンが納まっている。燃料の供給は、ダイレクト・インジェクションに加えて、間接的にも行われ、トルクを増大させるとともにCO2の排出量を削減させている。またバリアブル・バルブタイミング機構などその他のメカニカルな面での改善も少なくない。

最高出力は635ps/6000rpmで、最大トルクは91.6kg-mと横綱級。モデルチェンジ前のコンチネンタルGTで最もパワフルだったグレードを凌ぐ力強さとなっている。駆動方式は変わらず4輪駆動ではあるが、その主要なシステムは一新。2代目コンチネンタルGTでは、基本的に後輪駆動となる設定が与えられており、先代では得ることのできなかった、奥行きのあるコントロール性を獲得している。

サスペンションの設定が「ベントレー」か「コンフォート」モードの場合、最大で38%のトルクが前輪へと伝達される一方で、「スポーツ」モードでは17%に変化。洗練されたシャシーの電子制御技術の要求に最適化されている。

走行パフォーマンスはクーペと遜色なし

サスペンションは3チャンバー式のエアサスペンションを装備。ここまで読んで熱心な読者ならお気づきかとは思うが、コンチネンタルGTクーペだけでなく、ポルシェ・パナメーラとも同じシステムとなる。トランスミッションは、新しいツインクラッチ式の8速ATが組み合わされている。

優れたシャシーのおかげで、コンバーチブルモデルの重量級ボディにも関わらず、0-100km/h加速に要する時間はわずか3.7秒。クーペから0.1秒遅れとはなっているが、俊足には違いなく、0-160km/h加速に要する時間は8.0秒でフェラーリ勢と大差ない。

実際走ってみると、クーペとコンバーチブルとで大きな違いは感じられない。シャシーのバランス性も、ステアリングのレスポンスも、乗り心地も、クーペと同じといっても良さそうだ。大きな開口部を持つカブリオレのボディにありがちな、シャシーのしなりやスカットルシェイクなどはまったく感取されない、素晴らしい仕上がりをエンジニアは与えたと思う。

走行パフォーマンスも基本的にはそのまま引き継いでいる。もちろん、1万8000ポンド(261万円)増しで得ることができる、オープンエアという特別な体験を除いて。わたしにはかなりの金額に聞こえるのだけれど、このクルマのターゲットにとっては、さほど気にする数字ではないのだろう。

そもそも今回の試乗車は、コンバーチブルのファースト・エディションと呼ばれるグレードで、17万5100ポンド(2538万円)のベース価格に3万6000ポンド(522万円)が加算されている。そこへさらに1万7000ポンド(246万円)相当のオプションが装備されていた。これには6500ポンド(94万円)の、ナイム・フォー・ベントレーと呼ばれるプレミアム・ハイファイオーディオも含まれている。

カブリオレだけの豊潤な心地よさ

そんな価格も特別なベントレー・コンチネンタルGTCだが、一度運転を始めると、あることに気付く。ラグジュアリーなコンバーチブルの場合、総合的な走行パフォーマンスの高さは、それほど重要な要件ではないということに。

ドライバーの頭上を流れる緩やかな風、流麗な走行感、トランクリッド越しに聞こえてくる心地よい排気音。クルマを運転することの楽しさの要素が、コンバーチブルならひときわ強調される。もっとも、平均的なコンバーチブルでもそれは叶うことではある。また太陽の光を浴びる中で、長距離ドライブでは運転への集中力が低下気味なのも、コンバーチブルならではある。

一方でGTCの大きな強みは、ソフトトップを締めてしまえば、クーペの良さをそのまま味わえること。日常的な運転のしやすさや実用性の高さは、常にベントレーが意識してきたポイント。最新のコンチネンタル・コンバーチブルにもそれはしっかり受け継がれている。

雨が降っていても、後部座席に大人を座らせても、快適性は変わらず、クーペと比べた時の妥協点も殆ど見つからない。むしろ、ソフトトップを開けてコンチネンタルを流す気持ちよさは、比べられないほどに豊潤なものだ。

「買い」か?

唯一無二の極上コンバーチブル

ベントレー・ブランドに並ぶ括りでオープンの4シーターを探しても、匹敵するようなクルマは見つからないだろう。もちろん、中にはより大きなボディサイズを持つコンバーチブルもあるし、安価なモデルもある。ロールスロイス・ドーンはかなり高価に振れるけれど。

だがロールスロイス・ドーンを除いて、ベントレーと張り合えるブランド力や、流行に左右されない仕上がり、居住性や実用性の高さなどを備えているクルマはない。またこの走行パフォーマンスを考えると、価格も決して高いとはいい切れないことも事実。

恐らくベントレーGTCの購入を検討しているドライバーは、ライバルモデルの長所や短所を並べて、その優劣を気にする必要はないと思う。興味を持ったのなら、心ぎめしなければならないことはひとつ。17万5100ポンド(2538万円)から22万ポンド(3190万円)というプライスレンジの極上コンバーチブルを、選ぶか否かということだけだ。

ベントレー・コンチネンタルGTCのスペック

■価格 17万5100ポンド(2538万円)
■全長×全幅×全高 4850✕1964✕1399mm
■最高速度 333km/h
0-100km/h加速 3.7秒
■燃費 7.1km/ℓ
■CO2排出量 317g/km
■乾燥重量 2414kg
■パワートレイン W型12気筒5950ccツインターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 635ps/6000rpm
■最大トルク 91.6kg-m/1350-4500rpm
■ギアボックス 8速デュアルクラッチ・オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN スティーブ・クロップリー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します