現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > カーボン製ボトルのシャンパン、飲んでみた F1表彰台の名物

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.12

カーボン製ボトルのシャンパン、飲んでみた F1表彰台の名物

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー F1にシャンパンが帰ってきた
ー ボトル 1週間かけて完成
ー 日本でも発売中、価格は4万8000円~

    『F1で使われているシャンパンはいかが?』すべての画像をみる

F1にシャンパンが帰ってきた

F1グランプリの表彰台で行われるシャンパン・ファイトは、レースの最後を飾る大事なセレモニーだ。20世紀末はモエ・エ・シャンドンが担当し、21世紀に入るとマム・コルドン・ルージュが使われていたものの2015年で契約が終了。その後再びモエ・エ・シャンドンと契約したが、オーストラリア製の「シャンドン・ブリュット」が使われ、シャンパーニュ製でないため「シャンパン・ファイト」と謳えなくなってしまった。

こうしたなかで、再びシャンパンがポディウムに復活したのだ。その名は「シャンパン・カーボン」である。シャンパーニュの主要生産地のひとつであるヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のシャンピヨン村で、5代にわたって高貴なシャンパンを送り出してきたブランドである 「シャンパンドゥヴァヴリー」が送り出したもの。

ドゥヴァヴリー家の5代目であり、ランボルギーニやフェラーリのテストドライバーであったモータースポーツ愛好家のアレクサンドル・メアが、最先端のメカニズムで製作されるF1マシンやスーパースポーツカーにインスパイアされたカーボン・ファイバー製のボトルに、最高級のシャンパンを詰めるアイデアを実現したのが「シャンパン・カーボン」なのである。

ボトル 1週間かけて完成

カーボン・ファイバー製のボトルは4年がかりで開発されたもので、その製作は職人がカーボンシートを貼り込むことから始まり、21の工程を経て1週間かけて完成するという。

特別なボトルにふさわしく中身も最高級の品質にこだわり、シャンパンのメインエリアであるコート・ド・ブラン地区、モンターニュ・ド・ランス地区、ヴァレ・ド・マルヌ地区の特級畑と一級畑で収穫されたブドウでさらに最高のものだけ厳選し、ドゥヴァヴリー家で伝統的に引き継がれてきた技術を駆使してバランスの取れたアロマを引きだし、妥協のない高品質のシャンパンに仕立てあげられている。

完成した「シャンパン・カーボン」は、カーボン・ファイバー製のボトルと、最上級の品質から世界的に注目を集めることになり、2017年のF1モナコGPで使用されたのを皮切りに、同年7月にF1公式シャンパンとして正式に契約された。以来F1のシャンパン・ファイトに欠かせない主役となっている。

日本でも発売中、価格は4万8000円~

この「シャンパン・カーボン」は日本にも正式に導入されている。現在発売されているのは750mℓの標準ボトルで、価格は以下のとおり。

・ブリュット:標準小売価格4万8000円(税別)
・ミレジム:標準小売価格8万8000円(税別)
・ロゼ:標準小売価格9万5000円(税別)

このほかレースのシャンパン・ファイトで使用される専用の6ℓマグナムボトルは日本に3本のみ入荷し150万円(税抜)で販売されたが即日完売になったそうだ。

またブガッティ本社の依頼で専用ボトルを製作するコラボレーションのほか、日本でも高級車メーカーのイベントにも採用されていることからも、特別な存在として認められていることが分かる。

取材の際に2007年製のブリュットをテイスティングさせていただいたが、きめ細かな泡とフルーティで芳醇な味わいは、その価格が納得できる奥深いものだった。高価だが特別な満足感を与えてくれる「シャンパン・カーボン」を、晴れの日に楽しんでみてはいかがだろうか。

問合せ:マーカムインターナショナル株式会社
TEL:03-6231-1370
mail:info@marcum.co.jp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します