現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > テスラ 5分で120km走行 モデル3用「V3スーパーチャージャー」新急速充電システム

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.11

テスラ 5分で120km走行 モデル3用「V3スーパーチャージャー」新急速充電システム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

充電時間 大幅に短縮

テスラが第3世代となる新型スーパーチャージャー・システムを発表した。これを使えば、モデル3は5分間の充電で120kmの距離が走行可能になるという。充電レートは1時間で最大1000マイル(1609km)にもなる。

    ポルシェ・タイカン 購入希望者、2万人超える ブランド初のフルEVスポーツカー

V3スーパーチャージャー・システム(ケーブルの写真左)は、完全に新しいアーキテクチャーで作られた。1MWのパワーキャビネットは1台あたり最大250kWの電気を供給できる。テスラの概算によれば、充電時間は従来の半分で済むようになるという。

テスラはさらにモデル3オーナーの充電時間を短縮する新しい機能も開発した。「オンルート・バッテリー・チャージング」と呼ばれるこのシステムは、クルマがスーパーチャージャー・ステーションへ向かう際、車載バッテリーをあらかじめ温めておくことで、ステーションに到着した時にはバッテリーが充電に最適化された状態にしておく。

このシステムと「V3スーパーチャージャー」の導入によって、一般的なユーザーの充電に要する時間は15分に短縮されるとテスラでは見積もっている。

既存モデル ソフトウェア・アップデートで対応

V3スーパーチャージャー・システムはまずモデル3専用として導入される。モデルSやモデルXにも近い将来にソフトウェアのアップデートで対応し、高速充電が可能になるという。近日発表が予定されているモデルYは、技術面の多くをモデル3と共有しているため、このシステムを使うことができるだろう。

V3チャージャーの試験運用は現在、カリフォルニア州のテラス本社近郊で行われている。4月には各地に設置され、最初のサービスが開始される予定だ。欧州やアジアでは今年第4四半期の開始を予定している。

テスラは現在、全世界で1万2000カ所以上のスーパーチャージャー充電施設を展開している。今年中には欧州の人口の99%をカバーする計画だという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します